あらすじ・感想

あらすじ・感想

映画「バタフライ・エフェクト」のネタバレあらすじとラスト結末、感想や口コミ(面白い ・つまらない)をまとめて紹介!

2004年に製作された『バタフライ・エフェクト』は、過去と現在が入り混じるSFとスリラー要素のある映画です。青年が周りの者を救おうと過去に戻るのですが、それが現在にどういった影響を及ぼすのか…緊張感のある展開が続き、予想外のラストにきっと驚くでしょう。『バタフライ・エフェクト』のあらすじと結末に感想と口コミ(面白い・つまらない)を交えて紹介しますので、一度見たら再度見直して展開を確認してみて下さいね。
あらすじ・感想

映画「黄泉がえり」のネタバレあらすじやラストの結末、口コミ(面白い ・つまらない)や感想をまとめて紹介!

2002年に製作された草彅剛主演の『黄泉がえり』は感動的なストーリーの映画。行方不明になった時と同じ姿で見つかる少年をキッカケに、亡くなったはずの多くの人が発見されるのです。どうしてこのようなことが起きるのか?謎が明かされていく中で主人公がある行動をとるのにも注目でしょう。『黄泉がえり』のあらすじと結末に感想や口コミ(面白い・つまらない)を交えて紹介しましょう。
あらすじ・感想

実写映画「心が叫びたがってるんだ。」のネタバレのあらすじやラスト結末、感想や口コミ(面白い ・つまらない)をご紹介

2017年に製作された『心が叫びたがってるんだ。』はアニメを実写化した青春ドラマ。喋れなくってしまった順と本音を隠す拓実の成長を描くストーリーです。地域交流会でミュージカルをすることになった彼らのクラスが団結していくのが見どころですよ。今回は『心が叫びたがってるんだ。』のあらすじと結末に感想や口コミ(面白い・つまらない)を交えて紹介します。
あらすじ・感想

映画「無限の住人」のあらすじ(ネタバレ)やラスト結末、感想や口コミ(面白い ・つまらない)まとめ

2017年に製作された『無限の住人』は沙村広明原作のマンガを実写化した映画です。主人公を演じる木村拓哉の剣士としての生き様が見どころであり、不死の身体を持った戦いは目を見張ります。彼が守ることになった凛とその物語はハラハラしつつも引き込まれるでしょう。それでは『無限の住人』のあらすじと結末に感想や口コミを交えて紹介します。
あらすじ・感想

映画「プラチナデータ」のネタバレあらすじとラスト結末、感想や口コミ(面白い ・つまらない)をまとめて紹介!

2013年製作の『プラチナデータ』は二宮和也主演のサスペンス映画です。DNAデータを集めたプラチナデータに隠された秘密や、発生する犯罪との関連が気になるストーリー。天才科学者である主人公が巻き込まれていく展開と予想外なラストは要注目です。『プラチナデータ』のあらすじとラスト結末に感想や口コミ(面白い・つまらない)を交えて紹介しましょう。
あらすじ・感想

映画「honey(ハニー)」のあらすじ(ネタバレ)やラスト結末、感想や口コミ(面白い ・つまらない)まとめ

映画『honey』はマンガを原作にした学園ロマンスを楽しめる作品。高校生の主人公たちの関係性は頬が緩むことが多く、展開が気になっていくのが見どころです。どのように相手を好きになっていくのかが気になりつつ、最後にはハラハラすることも!それでは、『honey』のあらすじと結末に感想や口コミ(面白い・つまらない)を交えて紹介しましょう。
あらすじ・感想

映画「未成年だけどコドモじゃない(みせコド)」のネタバレあらすじ(ラスト結末)や感想は?口コミ(面白い ・つまらない)もあわせて紹介!

中島健人と平祐奈が共演する『未成年だけどコドモじゃない』はマンガを原作にしたラブコメの実写映画です。お嬢様育ちの主人公が運命の出会いを経て16歳で結婚するというストーリーは読めない展開が面白いですよ。ラストに到るまでの主人公たちの成長も必見です。それでは『未成年だけどコドモじゃない』のあらすじとラスト結末に感想や口コミ(おもしろい・つまらない)を交えて紹介しましょう。
あらすじ・感想

映画「黒崎くんの言いなりになんてならない」のネタバレあらすじや結末は?感想や口コミ(面白い ・つまらない)も紹介!

少女マンガを実写映画化した『黒崎くんの言いなりになんてならない』はラブストーリーを笑いながら楽しめる作品。ドSな高校生男子と、優しい高校生男子の間で揺れ動く女子高生がどうなるのか気になりつつも、ドキドキしつつ微笑ましく思えることでしょう。『黒崎くんの言いなりになんてならない』のあらすじとラスト結末に感想や口コミ(面白い・つまらない)を交えて紹介しましょう。
あらすじ・感想

映画「土竜の唄2 香港狂騒曲」のネタバレあらすじは?結末や感想や口コミ(面白い ・つまらない)も紹介!

映画「土竜の唄 香港狂騒曲」は前作の「土竜の唄 潜入捜査官REIJI」からすぐ後の物語です。ヤクザに潜入捜査をする主人公を演じるのは生田斗真。彼のリアクションが面白く、共演する堤真一にも注目です。新たな組織との戦いや裏で手を引く敵などが登場する「土竜の唄 香港狂騒曲」のあらすじとラスト結末に感想や口コミを交えて紹介しましょう。
あらすじ・感想

映画「土竜の唄 潜入捜査官REIJI」のネタバレあらすじや結末は?感想や口コミ(面白い ・つまらない)も紹介!

生田斗真主演、脚本は宮藤官九郎の映画「土竜の唄 潜入捜査官REIJI」は、潜入捜査官の物語。ヤクザに潜入した主人公のドタバタ劇は笑えるシーンが多く、演出等も面白いのが見どころです。ヤクザらしさのある上下関係や抗争、そして主人公の生き様など「土竜の唄 潜入捜査官REIJI」のあらすじとラスト結末に感想や口コミ(面白い・つまらない)を交えてご紹介しましょう。