映画「マルサの女」のネタバレあらすじや感想。名言やロケ地もあわせて紹介!

映画「マルサの女」のネタバレあらすじや感想。名言やロケ地もあわせて紹介!あらすじ・感想
スポンサーリンク
スポンサーリンク

1987年に製作された『マルサの女』は伊丹十三の監督・脚本によるサスペンス映画です。国税庁査察部の通称であるマルサに配属された主人公のヒューマンドラマや調査模様が見どころであり、脱税を暴けるかどうかという展開にハラハラさせられますよ。それでは『マルサの女』のネタバレあらすじとラスト結末、感想や名言、ロケ地を交えて紹介しましょう。

「マルサの女」のネタバレあらすじやラスト結末

「マルサの女」のネタバレあらすじやラスト結末

権藤とヤクザ

権藤はラブホテルの経営をする中、脱税を続けて利益を上げていた。彼はヤクザの蜷川と組んで儲けを隠すためにヤクザから金を借りたことにしたり、議員に金を送って何かあったら守ってもらえるよう準備を万端にする。

他にも権藤はヤクザともサラ金で困っている家族に「アパートの部屋を明け渡せば借金を肩代わりする」と言って値が付きそうな土地を得ていたためだ。脱税をする中で税務署に対しても「来るなら来てみやがれ」と強気を見せる。

その頃、税務署で働く板倉は飲食店の脱税の調査に勤しんでいた。利益の少ない小さな飲食店を営む夫婦に対してであっても、細かなことを指摘することから「血も涙もない」と言われてしまう。

板倉と調査

板倉はパチンコ店の調査のために1万円札に赤で印をつけて両替した後、店長に収入について確認をとる。彼女は「2つの銀行と取引をしているのでは?」と指摘して店長のカバンを見せてもらうと、そこには印の付いた1万円札が入っていた

。板倉はそれを見て店の利益をごまかしていると忠告すると、店主は泣きわめ始めたので日を改めることにする。次に板倉が目を付けたのは権藤の経営するラブホテルだ。年間の利益が少ないことに着目して調査開始。

一方、権藤はラブホテルの客は領収書をもらうことが少なく、仕入れや人件費も節約できると知っていた。さらに愛人にラブホテルの伝票を処分を頼みつつ、しばしば女を変える。そんな折、不動産を買わせていた高齢の男性が亡くなったと知って会社ごと取り上げて更なる利益を得ようとした。

板倉は権藤の取引先であるシーツ屋の反面調査をしたり、権藤宅に足を運んで家族構成などの話を聞きに行く。

板倉と権藤

板倉の調査に対し権藤は渋ることなく応対する。さらに彼は女性が相手ということで時より詰め寄ったりするのだ。板倉は臆せずにシーツの単価が高い理由や1.2億円の貸し倒れがあることについて聞き出してラブホテルの案内も頼む。

権藤はラブホテルの施錠についてや部屋の説明をしつつ、彼女に見せてはマズイ資料を従業員に持たせて部屋に隠れるよう指示をした。板倉は蜷川に話を聞くため組の事務所に乗り込み、権藤に貸した5千万の証書を求めた。

しかし彼は「はした金ために証書は逐一出さない」と一蹴。続いて銀行でも調べを進めるが成果は得られなかった。彼女の上司もこれ以上の調査はマルサじゃないと難しいと考える中、蜷川が税務署にクレームを付けにきたりして慌ただしくなる。

その後、板倉はマルサに拝命されて喜び、数々の成果を上げる。しばらくして権藤の元愛人から領収書破棄に関する密告を受けて彼にバレないよう調査を進めることになった。

ガサ入れ(ラスト結末)

板倉やマルサたちは権藤の家を見張って銀行員が訪問したら後を付けたり、120人を超えるガサ入れの準備を進めたり・・・板倉の上司はガサ入れ当日にラブホテルの同業者を装って権藤とアポを取って計画の決行日を迎える。

その日、権藤宅で10時過ぎに使用人が外にゴミ出しをすると同時にのガサ入れを開始。令状があったことで権藤は仕方なく家の捜査を許す。板倉は権藤が息子と口論をしているのを見て子供の相談に乗りつつ、書斎の裏に会った隠し部屋を発見。隠している金を見つけたことで、次に貸金庫の鍵を探すため権藤の妻の元へ急ぐ板倉たち・・・美容室にいた彼女は権藤が観念したと知って鍵を渡すのだった。

その後、銀行の不正も見つかって6ヶ月の捜査が続き、権藤は中学生の息子が板倉に助けられたこともあって残りの貸金庫の暗証番号を伝えて去る。

伊丹十三監督作品の無料視聴可能!!

伊丹十三監督作品の「マルサの女」、「ミンボーの女」、「お葬式」、「タンポポ」、「あげまん」、「マルタイの女」は以下の動画配信サービスの無料体験期間の利用で視聴可能です。
※レンタルのみの場合でも無料体験期間での付与ポイントで視聴可能!
伊丹十三監督作品の「マルサの女」、「ミンボーの女」、「お葬式」、「タンポポ」、「あげまん」、「マルタイの女」は以下の動画配信サービスの無料体験期間の利用で視聴可能です。

30日以内に解約すればお金は一切かかりません。

「マルサの女」の感想

「マルサの女」の登場人物(俳優名)
脱税の調査についてやマルサたちの朝夕問わず仕事に専念する様子などが良く分かる映画でしたね。1990年前後の社会情勢や権力者たちの動きも興味深かったです。板倉が登場した際にレストランにあった3桁と4桁の領収書に気付き、会計を分けて収入の帳簿を付けていると語っていたのに驚きました。

そうした彼女の目ざとさや賢さ、そして機転の利く様がこの作品の見どころともいえます。
マルサになりたての時も金庫の鍵の在りかを隠す女性がいた台所の排水口に目を付けたり、ゴミ袋の中から権藤のラブホテルの領収書を見つけ出したりと執念も感じさせました。また、そうした捜査の中で脱税者があの手この手を使っていたのもおもしろかったですね。

印鑑を入れたビニール袋をコンクリートや土に埋めて隠したり、時には口紅のパーツの中に潜ませたり・・・「そんな手があったのか」と思わされるシーンが印象的でした。

映画の後半にかけては板倉が権藤の息子と仲良くテレビゲームをしている姿も印象に残りました。彼女には子供がいて母子家庭であったことから、権藤の息子に対しての優しさにもつながったのでしょう。その子が権藤に内緒で20万円という大金を持っていたのが原因で親子ケンカを始めた際にも、親身になって話を聞くことで距離を縮めるのです。

権藤もそのことに感謝し、板倉の賢い面も気に入っていたことから最後に貸金庫の暗証番号を教えたのではないかと思いました。

「マルサの女」のみんなのレビュー(面白い?つまらない?)

「マルサの女」のみんなのレビュー(面白い?つまらない?)

面白いというレビュー


「マルサの女」のみんなのレビュー(面白い?つまらない?)


「マルサの女」のみんなのレビュー(面白い?つまらない?)

つまらないというレビュー

マルサの女が、つまらない・微妙・駄作といった声はネットでは見当たりませんでした。

「マルサの女」の名言

「マルサの女」の名言

お金持ちはコップの中の水は絶対に飲まない

自分のものでないなら、手に入れるにはやはり買うのがほんとでしょ。…違いますか?

金貯めようと思ったらね、花村さん。使わないことだよ。

金は生き物だ。金は時間とともに育つ。金は私の子供だ

全ての日本人は村人だ!みんな、人の生活をのぞき見したがってるだけなんだ!

でも俺脱税はしてないよな? するとしたら全然別の方法いくね。会社の住所毎年変えちゃうとか。

「マルサの女」のロケ地

「マルサの女」のロケ地<

パチンコ店「シルクロード」(千歳烏山駅北口:閉店済)

※サンシャインという説もあります。
「マルサの女」のロケ地:パチンコ店「シルクロード」(千歳烏山駅北口:閉店済)

花月園競輪場

「マルサの女」のロケ地:花月園競輪場
亮子と権藤の会話をするラストシーンの場所

「マルサの女」のロケ地:

東京工業試験所の跡地

病院で雪の日にロールスロイスから山崎努さん・室田日出男が降りてくる場面―。


「マルサの女」のロケ地:東京工業試験所の跡地

「マルサの女」の登場人物(俳優名)

「マルサの女」の登場人物(俳優名)

板倉亮子(宮本信子)

税務署の職員だったがマルサに拝命された有能な女性。様々な成果を上げる。

権藤英樹(山崎努)

ラブホテルを経営して利益を隠している男性。妻子がいる。

花村(津川雅彦)

板倉の上司。

伊丹十三監督作品の無料視聴可能!!

伊丹十三監督作品の「マルサの女」、「ミンボーの女」、「お葬式」、「タンポポ」、「あげまん」、「マルタイの女」は以下の動画配信サービスの無料体験期間の利用で視聴可能です。
※レンタルのみの場合でも無料体験期間での付与ポイントで視聴可能!
伊丹十三監督作品の「マルサの女」、「ミンボーの女」、「お葬式」、「タンポポ」、「あげまん」、「マルタイの女」は以下の動画配信サービスの無料体験期間の利用で視聴可能です。

30日以内に解約すればお金は一切かかりません。