映画「ピカンチ2.5(ピカンチハーフ) LIFE IS HARD たぶん HAPPY(2014)」のネタバレあらすじと結末は?感想や口コミ(面白い ・つまらない)もあわせて紹介!

映画「ピカンチ2.5(ピカンチハーフ) LIFE IS HARD たぶん HAPPY(2014)」のネタバレあらすじと結末は?感想や口コミ(面白い ・つまらない)もあわせて紹介!あらすじ・感想
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『ピカンチ2.5(ピカンチハーフ) LIFE IS HARD たぶん HAPPY(ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶんHAPPY)』はアイドル「嵐」主演の映画です。井ノ原快彦の原案によるストーリーは笑えるシーンも多いですよ。8年ぶりに再会した5人の物語は意外性もあり、時には感動的な展開も・・・それでは『ピカンチ2.5(ピカンチハーフ) LIFE IS HARD たぶん HAPPY(2014)』のあらすじと結末に感想を交えて紹介しましょう。

「ピカンチ2.5(ピカンチハーフ) LIFE IS HARD たぶん HAPPY(2014)」のラストの結末やネタバレあらすじ

「ピカンチ2.5(ピカンチハーフ) LIFE IS HARD たぶん HAPPY(2014)」のラストの結末やネタバレあらすじ

4人の再会

ハル、ボン、チュウ、シュンは仲が良く大人になってから顔を合わせていなかったが、8年ぶりに再会。久々だったので少しぎこちない4人はひとまず居酒屋へ。お酒を飲んで盛り上がり、約束していたノートを取り出す。

そのノートには、各々のこれまでの出来事を書いていたのだ。最初にハルのノートを見た三人は驚愕。そこには家とスーパーの往復記録が記されていただけだったからである。そのかいもあってハルは主任となり、職場の女性と結婚の運びとなったことに対してチュウたちは驚きつつ、祝いの言葉をかけた。

ハルはその女性の娘が初恋相手だったり、年が離れていたりと乗り気で無かったことも付け加える。半ば強引に子作りをすることになり、娘ができて一段落したと思いきや今では妻の浮気に悩まされていた。

チュウとボンの8年

ハルは湿っぽくなるのが嫌で、チュウのノートを読もうと言い出す。鮫洲一家の暴走族だったチュウは、敵対していたレディースの女性と結婚。息子も元気に育ち、チュウは新宿の電化製品店で優秀な成績を収めていた。

順調な人生かと思いきや、妻が息子を休みなく稽古ごとをさせていたことにチュウは苦言を呈す。彼自身も子供と遊びたかった中で、そんな暇すら与えられなかったからだ。息子は両親の板挟みに合い、ピアノの発表会である決意をする。チュウの特攻服を模した衣装を着て素敵なピアノの音色を奏でたのだ。

妻は信じられない面持ちでそれを見守り、チュウは満足そうに発表会を見届ける。息子はチュウが「特攻服は勝負の時に着るもの」と言っていたから服を整えたのだが、妻は怒って実家に帰ってしまったのだった。

ボンは最高の料理を追い求めてストイックに料理の研究を努める中、天使のような女性と出会ってから二人でクレープ店を構える。本場フランスのクレープは原宿で人気だと自慢げに話した。

タクマと再会

ハルたちは懐かしの橋に散歩に行くと、タクマから電話が入って驚く。合流した5人はタクマの話を聞いた。彼はアメリカでバンドを始めたが芽が出ず解散し、何もかも失った彼は「道」を歌って各国を回った。

好評を得ながらもケニアにて光熱を出した際に看病をしてくれた女性を妻にする。そうしてタクマは連れ子たちと共に日本に帰国したのだった。タクマはボンと彼のクレープの買い出しに行くことになり、そこで驚きの事実を知る、ボンのクレープ屋が閉店していたのだ。

競合ひしめくクレープ店で生き延びることができなかったボンは、他のみんなには内緒にして欲しいとタクマに懇願。タクマは了承しつつ、他の店のクレープを買ってハルたちと合流したのだ。

シュンとかごめの人生(ラスト結末)

シュンは屋形船に乗ってボンたちを迎える。受験で培った集中力を活かしてラーメン作りに没頭し、屋形船を出店して人気となっていた。その後、急逝したかごめの葬式に参列する5人。

かごめはスピード第一のピザ店で配達業務をしていたある日、厨房が注文内容を間違えたため配達を急いだ。途中、泣いている女の子がいたため声をかけたり、子犬がダンプの前を歩くのを助けたりして、ケガを負いながらも配達先へ。ピザを届けた彼は搬送先で息を引き取った。

シュンたち5人はその話を聞き、有名人も参列していたことからかごめの偉大さを知る。タクマが「道」を歌い始めると5人は涙を流すのだった。すると、棺桶からかごめが登場。なんと彼は霊安室で目覚めたと語り、死んだふりをして葬式をしたのだ。参列者もその事実を知っていたと気付く5人は安心しながらも再び仲良く道を歩くのだった。

ピカンチシリーズの無料視聴可能!!

ピカンチシリーズの「ピカ☆ンチ LIFE IS HARDだけどHAPPY」「ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARDだからHAPPY」「ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶんHAPPY
」は以下の動画配信サービスの無料体験期間の利用で視聴可能です。
※レンタルのみの場合でも無料体験期間での付与ポイントで視聴可能!
ピカンチシリーズの無料視聴可能!!

30日以内に解約すればお金は一切かかりません。

「ピカンチ2.5(ピカンチハーフ) LIFE IS HARD たぶん HAPPY(2014)」の感想

「ピカンチ2.5(ピカンチハーフ) LIFE IS HARD たぶん HAPPY(2014)」の感想
ハル、ボン、チュウ、シュン、タクマたちの青年時代はヤンチャが満載だったというエピソードも回想のように思い出されるのがわかりやすかったですね。過去のシーンを振り替えりつつ、現状の彼らを見比べたくなりました。

8年ぶりに再会した5人が、個々の思い出をノートを読み上げながら振り返るという設定の中で、静止画を連続再生する演出がおもしろかったです。過去のエピソードが紙芝居のように進んでいき、それぞれの語りには感情がこもっているのも印象的。順調な人生を送っているような始まりから、オチのある結末は思わす笑ってしまいましたね。

特にボンはクレープ屋が好調だと言いながらも、周りの店と競い始めたことで失敗したのには目も当てられないオチだと感じましたね。コスト削減のためにクレープの材料をケチり、従業員を酷使し始めるという展開はまさにブラックな経営者そのものでした。

そうしたシーンですが、ボンが隈取の化粧をしていてコミカルな演出で語られるため、やはり笑いが耐えません。同じようにかごめがピザをバイクで配達した時の事故や、三途の川を渡りそうになる際も怖いというよりはシュールさがあります。それぞれの8年のエピソードと共に笑って楽しめる映画でした。

「ピカンチ2.5(ピカンチハーフ) LIFE IS HARD たぶん HAPPY(2014)」のみんなのレビュー(面白い?つまらない?)

「ピカンチ2.5(ピカンチハーフ) LIFE IS HARD たぶん HAPPY(2014)」のみんなのレビュー(面白い?つまらない?)

面白いというレビュー


「ピカンチ2.5(ピカンチハーフ) LIFE IS HARD たぶん HAPPY(2014)」のみんなのレビュー(面白い?つまらない?)


「ピカンチ2.5(ピカンチハーフ) LIFE IS HARD たぶん HAPPY(2014)」のみんなのレビュー(面白い?つまらない?)


「ピカンチ2.5(ピカンチハーフ) LIFE IS HARD たぶん HAPPY(2014)」のみんなのレビュー(面白い?つまらない?)

つまらないというレビュー

つまらないという意見は見当たりませんでした。

「ピカンチ2.5(ピカンチハーフ) LIFE IS HARD たぶん HAPPY(2014)」の登場人物(呼び名/俳優名)

「ピカンチ2.5(ピカンチハーフ) LIFE IS HARD たぶん HAPPY(2014)」の登場人物(呼び名/俳優名)

岡野瞬(シュン/相葉雅紀)

普通の青年であり、屋形船の商売を始める。

二葉廉太郎(ボン/松本潤)

ナイスガイ。料理人を目指す。

恩田琢磨(タクマ/二宮和也)

アメリカでミュージシャンを目指す。

貴田晴彦(ハル/大野智)

運の悪い男であり、平凡な性格。

鴨川忠(チュウ/櫻井翔)

暴走族の総長を経て、家庭を築いた男。

鴨川かごめ(井ノ原快彦)

チュウの兄貴。

ピカンチシリーズの無料視聴可能!!

ピカンチシリーズの「ピカ☆ンチ LIFE IS HARDだけどHAPPY」「ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARDだからHAPPY」「ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶんHAPPY
」は以下の動画配信サービスの無料体験期間の利用で視聴可能です。
※レンタルのみの場合でも無料体験期間での付与ポイントで視聴可能!
ピカンチシリーズの無料視聴可能!!

30日以内に解約すればお金は一切かかりません。