映画『思い出のマーニー』の結末は?ネタバレあらすじや感想や登場人物(声優)も紹介!

感想・評判
スポンサーリンク
スポンサーリンク

映画『思い出のマーニー』は2014年に製作されたスタジオジブリの作品であり、児童文学が元になっています。主人公の杏奈は心を閉ざしている中で、マーニーと出会ってから少しずつ変わっていくスト―リーや、不思議な体験を経て驚きの事実を知ることになる展開が見どころでしょう。ジブリ作品特有の緑や水などのステキな自然の描き方も魅力の一つ。
今回は、そんな『思い出のマーニー』のあらすじと結末に感想、登場人物(声優)をまとめて紹介します。

『思い出のマーニー』のネタバレあらすじと結末

『思い出のマーニー』のネタバレあらすじと結末

杏奈とマーニーの出会い

札幌に住む12歳の杏奈は周囲に心を閉ざし、ストレスを感じやすいこともあってしばしば喘息の発作が起きた。事故で両親を亡くした彼女を育ててきたのは頼子。杏奈を心配して大岩のおじ・おばの家で過ごすよう勧め、杏奈はのどかな田舎で夏を過ごす。サッパリした大岩夫婦の世話になる中で、とある空き家の屋敷に惹かれた杏奈は屋敷を訪れる。そこは潮が満ちると行き来ができなくなることに気付き、ボートに乗った不愛想な男性・十一(といち)が来て乗せてもらって大岩家に帰るのだった。

その夜、屋敷に金髪の少女がいる夢を見て、スケッチをしに行くようになる。
杏奈はおばの勧めで近所の信子と共に浴衣を着て七夕祭りへ。ろうそくを立てたり、短冊に願いごとを書いたり…普通に過ごすことを望んだが、信子に色々と質問やおせっかいを焼かれたことから思わず容姿を悪く言ってしまう。杏奈はそんな対応をしてしまう自分に嫌気がさして祭りを去り、ボートを漕いで屋敷へ。すると夢で見た金髪の少女・マーニーがいたのだ。

2人の秘密

マーニーは杏奈と会えたことを喜び、杏奈のためにボートを置いたこと、そしてマーニーは杏奈に2人の関係を永久に秘密にして欲しいと望むのだった。2人だけの秘密を持った杏奈は次の日もマーニーに会い、ボートの漕ぎ方を教わってピクニックを楽しむ。互いのことを話したりする一方で、杏奈はマーニーの姿を見失うという不思議な体験もする。そんなマーニーが杏奈を家のパーティーに招待し、花売り娘を演じた杏奈は周りの人と話したりした。その後、マーニーは杏奈を誘って外で踊り、杏奈は気付いたら家にいたのだった。
徐々に表情豊かになっていく杏奈だが、マーニーのことを思い出せなくなる時があった。スケッチに描いた彼女の似顔絵を見て、探しに来て欲しいと言われたのを思い出し屋敷を訪ねるが、会うことができないまま1週間が経つのだった。そんな折、屋敷をスケッチしていた久子に声を掛けられて、屋敷の改修工事をしていると聞いて赴くと彩香に声を掛けられる。屋敷の住人となる彼女は杏奈をマーニーだと思ったと言って、部屋で見つけたマーニーの日記を見せた。それに対し杏奈はマーニーをうろ覚えになることもあったため、空想の女の子ではなく実在すると認識して驚くのだ。

マーニーとの再会と別れ

その後、杏奈は再びマーニーと会うことができ、マーニーのスケッチを見せると喜ばれた。杏奈はマーニーになりたかったと言うが、マーニーは両親とほとんど会えなかったことや使用人に悪い扱いを受けていたと話す。使われていないサイロに連れて行かれそうになった話を聞いて杏奈はそこに行こうと提案。マーニーは勇気を持って一緒に行くと、杏奈が目を離したスキに上の階に行き、そこで雨が強まったこともあって怯えていた。杏奈はマーニーを励ましつつ2人は眠るが翌朝、杏奈が目覚めるとマーニーがいなかった。屋敷に行くとマーニーはもう別れの時間だと言って一人にしたことを許して欲しいと言うのだ。杏奈は許し、永久に忘れないと伝える。
杏奈は彩香が日記の残りを見つけたことや、久子からマーニーの生い立ちを聞く。そして頼子が迎えに来て、杏奈を引き取った際に持っていたという写真を見せるのだった。その写真には屋敷が写っており、裏にはマーニーの名前が…マーニーは杏奈の祖母だったことや、大切にされていることに気付いて喜ぶのだった。

映画『思い出のマーニー』の無料視聴可能

映画『思い出のマーニー』の結末は?ネタバレあらすじや感想や登場人物(声優)も紹介!
『思い出のマーニー』は以下の動画配信サービスのお試し期間の利用で無料で視聴可能です。
※DVDレンタルのみの場合でもお試し期間での付与ポイントで視聴可能!

30日以内に解約すればお金は一切かかりません。

『思い出のマーニー』の感想とみんなのレビュー

『思い出のマーニー』の感想とみんなのレビュー

感想

マーニーの存在は幻なのか?ということが気になっていくストーリーに引き込まれましたね。彼女と会うと杏奈は眠ってしまったり、道端で目覚めたりと記憶が曖昧になることも多いことから、空想上の人なのかとも思い始めるという気持ちが伝わってきました。一方で、マーニーと会う前から彼女の存在を知っているような感じや、会ってから意気投合する雰囲気が良かったです。
そんなマーニーは子供の頃、両親と過ごす時間が少なくて使用人たちには厳しく、時にイジメも受けていて怖い目に会ってきたと語る姿が心に残りました。杏奈はそれまで明るいマーニーと入れ替わりたいと思っていたのですが、怖い思いをしてきたことを聞いてそれを打ち消そうとサイロに行くシーンは胸が熱くなります。

ラストにかけての見どころは、高齢の久子が子供の頃にマーニーと遊んだことがあるという話ですね。マーニーは和彦と結婚し絵美里を出産したのですが和彦が他界した後、絵美里を施設に預けた…最愛の夫を失ったショックから絵美里が13歳になるまで預けたため、マーニーは母親と思ってもらえなくなったのです。しかも、大きくなった絵美里が杏奈を産み、事故で亡くなったことでマーニーはさらに哀しみを募らせ、夫も娘も失ったことから残された孫の杏奈を面倒を見たのでした。しかし、1年後にマーニーは他界…この一連のエピソードには驚きと感動も覚えます。亡くなっても杏奈を思ったマーニーと、彼女の昔話を赤ん坊の頃に聞いていた杏奈の記憶が合わさって2人が出会えたのではないかと感じました。

頼子と杏奈の関係も印象的です。杏奈を引き取ったことで、自治体からはお金をもらっていたことを頼子は杏奈には伝えていなかった…しかし、杏奈は家に届いていた封書でそれを知り、知らされていないことも含めてショックを受けたことに考えさせられましたね。養子であることを気にする子も多いことや、隠しごとをされていると気付いた時のショックは10歳前後の子供にとっては大きな出来事だと改めて気付きます。キッカケ一つで心を閉ざすことにつながる一方で、マーニーや大岩夫妻と関わることで頼子が杏奈を大切に思っていることを認識していくのでした。そうして最後に頼子が迎えに来た際に、お金をもらっていると杏奈に打ち明けたことで最後には母と呼ぶようになる展開は良かったです。

みんなのレビュー


『思い出のマーニー』の感想とみんなのレビュー


『思い出のマーニー』の感想とみんなのレビュー

『思い出のマーニー』の登場人物(声優)

『思い出のマーニー』の登場人物(声優)

杏奈(高月彩良)

『思い出のマーニー』の登場人物(声優):杏奈(高月彩良)
引用:ghibli.jp
両親が事故で他界し養子となる。絵のスケッチが上手だが、周囲に打ち解けない性格。

マーニー(有村架純)

『思い出のマーニー』の登場人物(声優):マーニー(有村架純)
引用:ghibli.jp
金髪の屋敷に住む女の子。明るい性格だが、屋敷での暮らしに思うことがあった。

頼子(松嶋菜々子)

『思い出のマーニー』の登場人物(声優):頼子(松嶋菜々子)
引用:ghibli.jp
杏奈を引き取った女性であり、心配性。

大岩清正(寺島進)

『思い出のマーニー』の登場人物(声優):大岩清正(寺島進)
引用:ghibli.jp
杏奈を引き取った大岩家の夫。

大岩セツ(根岸季衣)

『思い出のマーニー』の登場人物(声優):大岩セツ(根岸季衣)
引用:ghibli.jp
清正の妻であり、おおらかな性格。

杏奈の祖母

『思い出のマーニー』の登場人物(声優):杏奈の祖母
引用:ghibli.jp
久子の回想話の中に登場する老婦人。

ばあや

『思い出のマーニー』の登場人物(声優):ばあや
マーニーが住む湿っ地屋敷の家政婦。マーニーに対するしつけが厳しい。

久子(黒木瞳)

『思い出のマーニー』の登場人物(声優):久子(黒木瞳)
引用:ghibli.jp
中高年の女性で屋敷を水彩画でスケッチしている。

彩香(杉咲花)

『思い出のマーニー』の登場人物(声優):彩香(杉咲花)
引用:ghibli.jp
東京から来た元気のある女の子。

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥5,908(2020/10/31 13:50:56時点 Amazon調べ-詳細)