映画「この世界の片隅に」が無料視聴できる動画配信サービスとキャストやあらすじと感想

映画「この世界の片隅に」が無料視聴できる動画配信サービスとキャストやあらすじと感想 アニメ映画
スポンサーリンク
スポンサーリンク

映画「この世界の片隅に」が無料視聴できる動画配信サービスとキャストやあらすじと感想

映画「この世界の片隅に(IN THIS CORNER OF THE WORLD)」の無料視聴できる動画配信サービス(見放題)の比較や作品情報(キャスト・あらすじ)や感想のまとめです。

この世界の片隅にを無料視聴できる見放題の動画配信サービス比較

動画配信(見放題:VOD)サービス 配信(字幕・吹替)有無
U-NEXT (ユーネクスト)【31日間無料】 配信中
Hulu (フールー)【14日間無料】 配信なし
dTV (dビデオ)【31日間無料】 配信なし
※レンタルのみ
TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS【30日間無料】 配信中
FOD(フジテレビオンデマンド)【1ヶ月無料】 配信なし
ビデオパス【30日間無料】[PR] 配信中
Amazonプライムビデオ (アマゾンプライムビデオ)【30日間無料】 配信なし
Netflix (ネットフリックス)【31日間無料】 配信なし

無料で見る方法

U-NEXT

U-NEXTロゴ
料金体系 月額料金:1990円(税抜) ※無料期間中にも付与される600ポイントで新作レンタルも可能
無料期間 初回31日間の無料お試し期間あり
本作は、U-NEXTに登録すれば見ることが可能です。登録後も無料期間中(31日間)に解約すれば、事実上「無料」で視聴可能です。そのまま継続すると月額1,990円(税抜)と一見高く見えますが、動画レンタルや、電子書籍・漫画の購入などに使えるポイントが1200ポイント付与されるので、このポイントを使って新作を見ること可能です。なお、このポイントは無料期間中でも600ポイント付与されます。

31日以内に解約すればお金は一切かかりません。

TSUTAYA TV/DISCAS

TSUTAYATV/DISCASロゴ
料金体系 月額料金:2417円(税抜) 無料期間中でも新作を見れる動画ポイント1080円分付与。準新作や旧作のレンタルも可能
無料期間 初回30日間の無料お試し期間あり
本作は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASに登録すれば見ることが可能です。登録後も無料期間中(30日間)に解約すれば事実上「無料」で視聴可能です。また無料期間中は定額見放題と月8本までDVDをレンタルできるプランが適用されるので、それによって準新作と旧作のレンタルも可能です。なお、8本レンタル完了後は旧作借り放題になります。さらに、無料期間中でも、新作や話題作を視聴できる動画ポイントが1080円分(1本540円)付与されるので、定額見放題+DVDレンタル+動画ポイント3度お得なサービスとなっています。

30日以内に解約すればお金は一切かかりません。

ビデオパス

ビデオパス
料金体系 月額料金:562円(税抜) ※無料期間中にも付与される540コインで新作レンタルも可能
無料期間 初回30日間の無料お試し期間あり
本作は、ビデオパスに登録すれば見ることが可能[/ani]です。登録後も無料期間中(30日間)に解約すれば、事実上「無料」で視聴可能ですし、また新作がレンタルできる540コインが付与されるので、仮に解約しなくても30日分は無料で利用できたことになります。

30日以内に解約すればお金は一切かかりません。

【注意事項】本作品の配信情報は2019年8月1日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については各公式サイト(Hulu、FODプレミアム、auビデオパス、TSUTAYA TV、dTV、U-NEXT等)のホームページもしくはアプリをご確認ください。

この世界の片隅にの監督・キャスト・シーズン・あらすじ・主題歌

この世界の片隅にの監督・製作

片渕須直

この世界の片隅にのキャスト(声優)

のん細谷佳正稲葉菜月尾身美詞小野大輔潘めぐみ

この世界の片隅にの主題歌・テーマ曲

コトリンゴ「みぎてのうた」

lute live:コトリンゴ「みぎてのうた」

この世界の片隅にの公開年/製作国

2016年/日本

この世界の片隅にのあらすじ

舞台となるのは、第二次世界大戦中の1944年の広島です。
18歳の少女・すずは、顔も見たことのない若者と結婚するため、生まれ育って慣れ親しんだ江波から、およそ20 km離れた呉にやってきます。

それまでは得意な絵描きばかりしている生活だったすずは、一転し家庭を支える主婦になります。
厳しい戦時下において、すずは創意工夫しながら食糧難を乗り切ったり、日々の生活を楽しいものにしようと奮闘するのです。

やがて戦争は山場を迎え、より一層激しいものとなります。
日本海軍の軍需工場がある呉は、アメリカ軍からの激しい空襲の餌食となります。
親しい人たちがどんどん亡くなり、街並みも壊され…。
それでもすずは懸命に生きますが、1945年8月、ついに終戦の時を迎えます。

この世界の片隅にの予告編動画

映画『この世界の片隅に』予告編

この世界の片隅にの感想・評価

評価:85/100
2016年に公開された映画の中で、もっとも素晴らしい映画といっても過言ではない、名作です。
また、今まで見た戦争映画の中で一番感動し、心を打たれた作品でした。

第二次世界大戦中の日本で、普通に暮らす人々の日常を描いた映画です。

だんだん減っていく配給や、闇市の値段の高騰に嘆いてみたり。
何度も何度も鳴る警報、避難を「飽きた」と 思っていたら本当に爆弾が落ちてきたり。
時には怒りややるせなさで、感情を爆発させてしまうことも。

家族と共に生き、国を支える人たちの日常がそこにあります。

戦争の悲惨さを描いてはいるのですが、どこか温もりを感じる作品です。
静かな、しかし「激しい」作品といえばいいのでしょうか。
感情を押し付けてくる映画ではなく、スルッと心に入り込んでくるような、そんな映画でした。

また、失礼かもしれませんがのんさんの演技が想像よりはるかに上手く、作品そして主人公のキャラクターの良さが、彼女の演技によってより伝わってきました。
作品に命を吹き込む、というのはまさにこのことでしょう。

下記のサービス加入で無料視聴できます。

★付与される600ポイントで無料期間中も新作レンタルOK!

31日以内に解約すればお金は一切かかりません。

★付与される1080ポイントで無料期間中も新作レンタルOK!

30日以内に解約すればお金は一切かかりません。

★付与される540コインで新作レンタルOK!

30日以内に解約すればお金は一切かかりません。

この世界の片隅にのレンタルや購入はこちら

created by Rinker
¥2,000 (2019/09/22 09:48:06時点 Amazon調べ-詳細)

太平洋戦争での日本がテーマの映画まとめはこちら

太平洋戦争や第二次世界大戦時の日本がテーマのオススメ映画まとめ
太平洋戦争や第二次世界大戦の日本では、特攻隊や国家が戦争遂行を最優先の目標とする戦時体制など日本軍が主体の時代でした。偏ったように見える愛国心の中にも、家族を愛する心や普通の人間と変わらない心情が垣間見えます。今回はそんな時代の日本をテーマにした映画をまとめました。