映画『SP 革命篇』のネタバレあらすじやラストの結末は?感想やレビュー(面白い?つまらない?)も紹介!

映画『SP 革命篇』のネタバレあらすじやラストの結末は?感想やレビュー(面白い?つまらない?)も紹介!感想・評判
スポンサーリンク
スポンサーリンク

映画『SP 革命編』は『SP 野望編』の続編となり、主人公の井上を演じる岡田准一と上司である尾形を演じる堤真一の行方に決着がつくストーリーが見どころです。国会で行われる議会が狙われる中、奔走するSPチームがどうなるのか?そしてテロ犯との対決に注目ですよ。
それでは『SP 革命編』のあらすじと結末に感想を交えて紹介しましょう。

「SP 革命篇」のラストの結末やネタバレあらすじ

「SP 革命篇」のラストの結末やネタバレあらすじ

革命の始まり

公安の田中は岡山の尾形の実家を訪れた際に何者かに襲われて入院。上官に尾形は身分を詐称している旨と共に襲われたことを報告した。しかし、既に尾形と伊達の計画は実行されようとしていたのだ。伊達が政治家になったのも、尾形がSPになったの計画の一部であり、麻田内閣不信任案を議題に上げた集会にてテロを仕掛ける。

集会の当日、SPが多数集まって厳重な警備が敷かれる中、本会議が始まるがエアコンのクリーニングと称したテロ犯たちが密かに潜入。警備員を行動不能にし、各扉を施錠して爆弾を仕掛けていくのだった。

尾形は井上と他の3人を第一委員室の捜査に回し、彼が集めた別チームは館内の制圧に当たらせた。多数の衛視は丸腰であるためテロ犯になすすべはない。各棟を結ぶ通路の衛視にクレイモアを片足で踏ませて廊下には爆弾を設置して移動を制限。シャッターにも爆弾を仕掛けて強行突破も防ぐのだった。

孤立した衆議院棟

衆議院棟は孤立させて尾形は仲間と共に本議会へ突入。480人の議員たちは驚きながらも野次を飛ばすが、尾形が宙に向けて銃を放った瞬間に鎮静するのだった。尾形は爆弾付きベストを数人に着させ、議会の中継が生放送される中で用件を話していく。放送に改変を加えないこと、敷地内に誰かが入ろうとしたら爆破すること、この後の計画が遂行されれば武装解除後に投降すること…爆弾がウソではないと証明するために第2議員館を爆破して見せるのだった。

そして、田辺官房長官を名指ししてヤミ献金のことを問い、真実を答えなかった時には撃つそぶりを見せて自白を促す。各議員にも不正な行いを暴露させ、国民に訴えかけるのが尾形の作戦だった。

井上は異変を察知して周辺の部屋を確認するとワイヤーでドアノブが固定されていることや、中継されている本議会の様子をテレビで確認。尾形が井上のチームを頼んだのはおそらく計画を止めて欲しいからだと推理し、通路を制圧しているテロ犯を無効化させようと動き出す。

尾形の任務遂行、対峙する井上(ラスト結末)

麻田総理は尾形たちに対して国家の基盤が揺らいでしまうことや、この間に他国から侵攻を受けたらどうするかと言い放った。それに対し尾形は短期間で総理が何度も変わったこと、彼らの存在意義はどこにあるのか、危うくしているのが議員ではないかと返したことで麻田総理は黙ってしまう。

ついに麻田総理の言及が始まり、尾形は手塚派の成瀬が20年前に自殺したことを問うと、尾形は成瀬と親しくなかったと回答したため銃を向けられる。他にも証券会社から利益を受けている件も身の潔白を主張した麻田総理は撃たれる寸前に…すると伊達議員が止めに入り、その行動から尾形は裏切られたと察するのだ。尾形は次の総理になるべく尾形の計画を利用しており、彼の官僚の仲間はその伊達を利用しようとしていた。

そこに井上たちがやって来てテロ犯を制圧。逃げる麻田総理を尾形が追い、屋上に追い詰めたところで麻田総理は尾形が成瀬の息子だと気付くのだった。罪を認めた麻田総理を撃とうとした尾形だが、井上がやって来たため彼に自分を止めさせようとする。井上は尾形を撃てず、銃で自害しようとしたのを阻止して捕えるのだった。

映画『SP 野望篇』『SP 革命篇』の無料視聴可能

映画『SP 野望篇』『SP 革命篇』の無料視聴可能
『SP 野望篇』『SP 革命篇』は以下の動画配信サービスのお試し期間の利用で無料で視聴可能です。
※DVDレンタルのみの場合でもお試し期間での付与ポイントで視聴可能!

30日以内に解約すればお金は一切かかりません。

「SP 革命篇」の感想やみんなのレビュー(面白い?つまらない?)

「SP 革命篇」の感想やみんなのレビュー(面白い?つまらない?)

感想

井上と尾形の対立について

前半である「野望編」の伏線が回収されていくのが見どころとなった今作。尾形がSPの仲間に内密にしながら伊達と協力して今の政治家を排除して国を新たに作り変えようと計画しているのに驚きました。まさに革命を起こそうとする姿勢は、20年前に麻田総理が原因で父親を亡くしたのがキッカケ…それを機に復讐を企てて伊達と共に今の地位まで上り詰めたと思うと執念が凄まじいですね。
逆に井上は両親が殺されたことに対し、麻田総理を恨むことなく、テロ行為を起こす者たちの原因にもなっている今の政治家たちを護るために尽力するという対比が良かったです。能力を活かして命を懸けて人を護る姿勢には心を打たれました。
最後にかけて井上が尾形からの手紙を読んだことや、伊達に協力していた一部の人間が殺されたことを示唆するシーンがありました。これは井上がまだまだ戦う相手がいるのではと考えられ、彼がその後もSPとしての職務を全うしていくのではと感じさせます。

「革命編」のアクションも見どころ

井上たちSPチームvsテロ犯のアクションは目の離せない展開も多かったですね。井上が敵に羽交い絞めされそうになった際には、壁を蹴っていき背後に回るというアクロバティックな技。ラストの尾形との対峙は銃を片手に持って接近戦を繰り広げる様など、どちらも機転を利かせつつも、一瞬の油断が命取りになりそうな展開でした。
また、SPチームが仕掛けた罠も見もの!本議会に乗り込むまでには各廊下にテロ犯が多数おり、他の階の応援を呼ばれてしまえば多勢に無勢…そのため、廊下にいるテロ犯を一人ずつ階段までおびき寄せるのですが、その際に画鋲やコピー用紙を階段に敷き詰めて足元に注目させ、手すりに手を伸ばせばカッターの刃が敵を傷つけるというトラップの数々。そうして階段を駆け上がろうとしたテロ犯が用紙で足を滑らせて、転倒したところを捕えるという知的な作戦も流石だと思いました。武器や装備が不十分な中で、そうした身の回りにあるものを利用して戦うアクションも見どころでした。

みんなのレビュー(面白い?つまらない?)

面白いというレビュー


「SP 革命篇」の感想やみんなのレビュー(面白い?つまらない?)


「SP 革命篇」の感想やみんなのレビュー(面白い?つまらない?)

つまらないというレビュー

「SP 革命篇」の登場人物(俳優名)と人物相関図

「SP 革命篇」の登場人物(俳優名)

井上薫(岡田准一)

「SP 革命篇」の登場人物(俳優名):井上薫(岡田准一)
警護課第四係機動警護班に所属。両親が殺されてから感知する力が優れた。

尾形総一郎(堤真一)

「SP 革命篇」の登場人物(俳優名):尾形総一郎(堤真一)
井上の上司。チームに内密で何か目論んでいる様子。

笹本絵里(真木よう子)

「SP 革命篇」の登場人物(俳優名):笹本絵里(真木よう子)
井上のチームの一員。言葉より先に手が出ることが多い。

田中一郎(野間口徹)

「SP 革命篇」の登場人物(俳優名):田中一郎(野間口徹)
公安部。テロ組織に関連することを調査している。

伊達國雄(香川照之)

「SP 革命篇」の登場人物(俳優名):伊達國雄(香川照之)
与党の幹事長であり、何か企んでいる。

麻田雄三(山本圭)

「SP 革命篇」の登場人物(俳優名):麻田雄三(山本圭)
内閣総理大臣。

安斎誠(波岡一喜)

「SP 革命篇」の登場人物(俳優名):安斎誠(波岡一喜)
外務省国際テロ対策協力室・主任

人物相関図

「SP 革命篇」の登場人物(俳優名)と人物相関図