【無料有】映画「来る」のフル動画を視聴できる配信サイトは?pandoraやdailymotionで見れる?

映画「来る」がフルで無料視聴できる動画配信サービス。HuluやNetflixで観れる?邦画
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「来る」を無料で見たいけど、どの動画配信配信サービスでも見つからないけど、どうすれば?

その疑問に当記事でお答えします。

当記事では、「来る」が見れる動画配信サービスを調査して、その中でもお試し期間で無料視聴できるサイトをご紹介します。

【無料有】映画「来る」のフル動画を視聴できる配信サイトは?pandoraやdailymotionで見れる?

無料有】映画「来る」のフル動画を視聴できる配信サイトは?pandoraやdailymotionで見れる?

「来る」を無料視聴できる動画配信サイト。huluやNetflixにはある?

動画配信(見放題:VOD)サービス配信(字幕・吹替)有無
U-NEXT (ユーネクスト)【31日間無料】配信なし
Hulu (フールー)【14日間無料】配信なし
dTV (dビデオ)【31日間無料】配信なし
TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS【30日間無料】配信なし
※DVDレンタル有
FOD(フジテレビオンデマンド)【2週間無料】配信なし
Paravi【2週間無料】配信なし
Amazonプライムビデオ (アマゾンプライムビデオ)【30日間無料】配信なし
Netflix (ネットフリックス)【31日間無料】配信なし

無料で見る方法

TSUTAYA TV/DISCAS

TSUTAYATV/DISCASロゴ
料金体系月額料金:2659円(税込) 無料期間中でも新作を見れる動画ポイント1080円分付与。準新作や旧作のレンタルも可能
無料期間初回30日間の無料お試し期間あり ※登録日から30日間利用可能※無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
本作は定額見放題サービスでは現時点では見れませんが、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASに登録すれば視聴可能です。というのもTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASは定額見放題とDVDをレンタルできる複合的なサービスであり、無料期間の間は、定額見放題と月8本までDVDをレンタル(準新作・旧作)できるプランが適用されるので、これを利用して無料期間中(30日間)にDVDレンタルで視聴してその後解約すればお金は一切かからず視聴できることになります。さらに、無料期間中でも、新作や話題作を視聴できる動画ポイントが1080円分(1本540円)付与されるので、定額見放題+DVDレンタル+動画ポイント3度お得なサービスとなっています。

30日以内に解約すればお金は一切かかりません。

【注意事項】本作品の配信情報は2020年5月13日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については各公式サイト(Hulu、FODプレミアム、Paravi、TSUTAYA TV、dTV、U-NEXT等)のホームページもしくはアプリをご確認ください。

Pandora(パンドラ)やDailymotion(デイリーモーション)にある?

・pandora(パンドラ)

「来る」はpandora(パンドラ)では配信されてないようです。
「来る」はpandora(パンドラ)では配信されてないようです。
・Dailymotion(デイリーモーション)
「来る」はDailymotion(デイリーモーション)には関係ない動画しかありませんでした。
「来る」はDailymotion(デイリーモーション)には関係ない動画しかありませんでした。

違法視聴することは

・法的責任に問われるリスクがある
・ウイルス感染のリスクがある
・ファイルが複数に分割されていて視聴が面倒

以上の点を考えると以下の配信サイトのお試し期間で無料で見るのが一番良い選択だと思われます。
★付与される1080ポイントで無料期間中も新作レンタルOK!

30日以内に解約すればお金は一切かかりません。

「来る」の監督・キャスト・主題歌・予告編動画

「来る」の監督・キャスト・主題歌・予告編動画

「来る」の監督・製作

中島哲也

「来る」のキャスト

岡田准一黒木華小松菜奈青木祟高柴田理恵大賀

「来る」の主題歌・テーマ曲

挿入歌

Crossmakers Choir「Evil and Flowers」

Evil And Flowers

「来る」の公開年/製作国

2018年/日本

「来る」の予告編動画

映画『来る』予告

「来る」のあらすじ・口コミ・評価・感想

「来る」のあらすじ

オカルトライター、野崎のところに相談者の田原が来た。
ここ最近自分の身の回りで超常現象としか表現できないような出来事が次々と起きていると言う。

田原は、妻の香奈と幼い一人娘、知紗に危険が及ぶのではないかと心配になって訪れたのだった。野崎は、霊媒師の血をひいたキャバ嬢、真琴とともに調査し始めたのだが、田原家に憑いた「何か」は想像を上回る強力なものだった。

民俗学者、津田が言うには、その「何か」とは、田原のふるさとの民間伝承にまつわる化け物ではないかと言う話だ。
この「何か」に対抗する策を模索する野崎と真琴。
そして自身の記憶を辿る田原…

田原の幼い頃、「お山」といわれる深い森があった。そこには片足だけ残った赤い子供の靴。名前を思い出せない女の子。
誰かがささやく声。回想しているとその声の主を思い出す。

段々エスカレートしてきた霊的攻撃に、死傷者まで出始める。
真琴の姉であり日本最強の霊媒師の琴子が日本中の霊媒師に呼びかけ田原家に集まり、例を見ない規模の「祓いの儀式」を始めようとしていた。
彼らは、「何か」を止めることができるのか!?

「来る」の口コミ


「来る」のあらすじ・口コミ・評価・感想

「来る」のあらすじ・口コミ・評価・感想


「来る」のあらすじ・口コミ・評価・感想

「来る」の感想・評価

評価:72/100
澤村伊智による日本のホラー小説『ぼぎわんが、「来る」』(ぼぎわんがくる) の映画化作品。

正直ホラー映画は少し苦手なのですが、この作品はなぜか観てみたいと思い鑑賞しました。一言言うとホラーが怖くて苦手という人も観れる作品だと思います。

もちろんホラー映画なのですが、違った意味のホラーというのが正しいかもしれません。
「告白」「乾き」などの監督がメガホンを取ったこの映画。人間の闇が見事の表現されておりさすがでした。
3部構成となっており、それぞれの登場人物の視点から描かれているので、いろんな見方が出来面白い。

「乾き」同様に少しグロいシーンは多いです。思わず目を隠したくなるような惨殺さ、こんなことが次々起きて警察はオカルトだから仕方ないと割り切るのだろうか。その点は現実離れしていましたが、ホラー・コメディといった感じで恐怖あり笑いありな作品だと思いました。

田原のする行動の一つ一つが自分中心なので、香奈は従順に良い妻でいたのですが、あまりにも自分勝手な田原の行動に少しずつ心に闇を落としていきます。その姿を黒木華さんの怪演に引き込まれました。
下記の動画配信サービス加入で無料視聴できます。

★付与される1080ポイントで無料期間中も新作レンタルOK!

30日以内に解約すればお金は一切かかりません。

「来る」のブルーレイやDVDの購入はこちら

「来る」のブルーレイやDVDの購入はこちら
「来る」は5000円~6000円台で豪華版のブルーレイが購入できます。
「来る」は5000円~6000円台で豪華版のブルーレイが購入できます。

created by Rinker
東宝
¥5,773(2020/12/05 02:20:34時点 Amazon調べ-詳細)