北野武映画「ソナチネ」のネタバレあらすじ(ラスト結末)は?感想や石垣島ロケ地もあわせて紹介。

北野武映画「ソナチネ」のネタバレあらすじ(ラスト結末)は?感想や石垣島ロケ地もあわせて紹介。邦画
スポンサーリンク
スポンサーリンク

1993年に製作された『ソナチネ』は北野武監督による映画であり、ヤクザの抗争を描いた作品です。殺伐とした抗争と舞台である沖縄の風景との対比が見どころの一つであり、ヤクザの生き様を心して見れるのもポイントでしょう。それでは『ソナチネ』のあらすじと結末に感想や見どころを交えて紹介します。

「ソナチネ」のラストの結末やネタバレあらすじ

「ソナチネ」のラストの結末やネタバレあらすじ

仕事

北嶋組の傘下の組の村川は親分からとある命を受ける。沖縄の中松組が阿南組とドンパチを始めたことで助っ人に言って欲しいとのことだ。組の幹部の高橋は親分の世話で忙しいから共に行けないと言うと村川は不服そうにする。「手打ちで終わるから心配いらない」という言葉も信用ならずいつもの仕事へ戻った。

村川は男を脅すためクレーンで吊るし、水中に浸けるという拷問を繰り返す。男はしきりに「村川さん!やめてくださいよ!」と叫ぶが長く漬けられたことで息絶えた。しかし、村川は沖縄のことを考えており、男が死んだことを気にも留めずに部下に後の始末を任せるのだった。

沖縄

村川は助っ人のために自ら選んだ数人を呼ぶと、幹部も何人かを揃えていた。彼らはいがみ合って刺傷騒ぎに発展しつつ沖縄へ。現地で中松組の組員である上地と良二が村川たちを迎え、大所帯の彼らをバスに乗せてアジトに案内する。

その古い建物を使ってくれと言われた村川たちだが、さっそく敵対する阿南組からあいさつ代わりの銃弾が飛んできたことで手打ちで終わりそうにないと村川たちは察する。

彼に命じられて良二は阿南組へ挨拶に行かされるが、建物に入ってすぐおびえて戻ってくる。一方で村川は阿南組の幹部と話しに行くが予想通り簡単に手打ちで終わるようでは無かった。

海と村川

その後、アジトである建物が爆破され、村川の部下の何人かが殺される。ケンはそれを見て東京に戻りたいと嘆きつつ、村川は静かに見やるのだった。その後、店に行けば銃で撃たれ、助っ人に揃えていた仲間は死んでいき、残されたのはケンと幹部の一人である片桐、中松組の上地と良二のみとなる。

その後、住処を移して襲撃も無くなったことで暇を持て余した村川は、ケンと良二が浜辺で拳銃の練習をしているのを見てゲームをしたりするのだ。

村川は夜の浜辺を散歩していると男が女を押し倒しているのを発見。関わらないようにと思ってその場を去るが、男に絡まれてナイフを取り出されたため殺してしまう。男の持っていた車はもらい、女は村川の元に顔を出すようになる。

彼女は村川に惹かれており、釣りに一緒に行った際に強い男に憧れると伝える。豪雨に見舞われたことで女性は濡れた服を脱ぎ、村川は簡単に身体を見せるのだなと笑った。

死んでいく者たち(ラスト結末)

村川は外出を繰り返す中、中松組の組長に呼ばれたことで片桐が向かった。沖縄に高橋が来ており、手打ちの話があったがその手打ちの条件として中松組を解散するとのこと。そして、高橋は村川を破門するつもりだと聞かされた。

その後、中松組のメンバーが暗殺者によって殺されただけでなく、ケンも射殺されてしまう。村川はその様子を目撃しており、片桐は高橋に話をしにホテルへ。エレベーター内で暗殺者と撃ち合いになって村川と高橋の部下、そして暗殺者が死んだ。村川は高橋を車に連れて行き、腿に数発撃って親分の真の目的を聞き出す。

阿南組と組みたいと考えいたことで中松組が邪魔になった・・・それを聞いた村川は車から降り、良二は高橋ごと車を燃やしす。村川は「車を焼いてどうやって帰るんだ?」と叱りつつ、村川は東京に帰ることを女性に伝える。

良二は村川を車で送ると、彼が入っていった建物の先で銃の光が多数放たれるのを目撃。良二はその場を離れ、村川は一人で車に乗って道に止めた。そうして拳銃で頭を撃ち抜き、生涯を終える。

●監督作品の無料視聴可能!!

北野武監督作品の「BROTHER」「座頭市」「ソナチネ」「キッズ・リターン」「HANA-BI」「菊次郎の夏」「あの夏、いちばん静かな海。」「アキレスと亀」「3-4X10月」「龍三と七人の子分たち」
以下のサブスク動画配信サイトのお試し期間の利用で無料で視聴可能です。
※レンタルのみの場合でも無料体験期間での付与ポイントで視聴可能!
北野武監督作品の「BROTHER」「座頭市」「ソナチネ」「キッズ・リターン」「HANA-BI」「菊次郎の夏」「あの夏、いちばん静かな海。」「アキレスと亀」「3-4X10月」「龍三と七人の子分たち」は以下のサブスク動画配信サイトのお試し期間の利用で無料で視聴可能です。

30日以内に解約すればお金は一切かかりません。

「ソナチネ」の感想・見どころ

「ソナチネ」の感想・見どころ
命のやり取りも多く経験してきたであろうヤクザの村川ですが、沖縄に行ってからは平和な日常を楽しんでいるような雰囲気が合って印象に残りました。偶然出会った女性とドライブや釣りを楽しみ、部下たちと共にゲームなどをするのです。

といっても、最初に始めたゲームは拳銃を使ったじゃんけんの遊び・・・村川はケンと良二と共にじゃんけんをし、負けたら1つだけ弾を込めた拳銃で自身を撃つというゲームを始めたのには驚きました。互いに何回か引き金を引いて最後に村川が撃つため、弾が残っているかと思ったからです。

しかし、弾は発射されなかったことで、村川が弾を入れたふりをしていたと知って安心しましたね。一方で、村川はその日の夢で拳銃で自身の頭を撃ち抜くのを見ていましたがこれは最後の伏線にもなっていたようです。

平和な日々を過ごしていた時間は短いものとなり、共に戦った仲間のかたき討ちか、それとも人生のケジメか・・・村川が銃を持ってヤクザのいる建物に入っていくラストが印象深いですね。ヤクザから追われる人生よりも死を選び、拳銃で頭を撃ち抜いて終わるのには生き様を感じさせます。このシーンが前述の夢にあたるシーンと重なり、村川自身も終わりを予知していたのかなと思いました。

ヤクザの殺伐とした世界と沖縄での過ごし方が見どころとなる作品です。

「ソナチネ」のみんなのレビュー(面白い?つまらない?)

「ソナチネ」のみんなのレビュー(面白い?つまらない?)

面白いというレビュー

つまらないというレビュー

「ソナチネ」のみんなのロケ地(聖地)

「ソナチネ」のみんなのロケ地(聖地)

久宇良牧場(石垣島)


「ソナチネ」のみんなのロケ地(聖地):久宇良牧場(石垣島)

「ソナチネ」のみんなのロケ地(聖地):久宇良牧場(石垣島)

久宇良の浜(石垣島)


「ソナチネ」のみんなのロケ地(聖地):久宇良の浜(石垣島)

「ソナチネ」の登場人物(俳優名)

「ソナチネ」の登場人物(俳優名)

村川(ビートたけし)

北島組に所属する組員。 片桐(大杉漣)

村川についていった組員の一人。

ケン(寺島進)

村川についていった組員の一人。

上地(渡辺哲)

沖縄の中松組の一員。

良二(勝村政信)

沖縄の中松組の一員。ケンと仲良くなる。

●監督作品の無料視聴可能!!

北野武監督作品の「BROTHER」「座頭市」「ソナチネ」「キッズ・リターン」「HANA-BI」「菊次郎の夏」「あの夏、いちばん静かな海。」「アキレスと亀」「3-4X10月」「龍三と七人の子分たち」
以下のサブスク動画配信サイトのお試し期間の利用で無料で視聴可能です。
※レンタルのみの場合でも無料体験期間での付与ポイントで視聴可能!
北野武監督作品の「BROTHER」「座頭市」「ソナチネ」「キッズ・リターン」「HANA-BI」「菊次郎の夏」「あの夏、いちばん静かな海。」「アキレスと亀」「3-4X10月」「龍三と七人の子分たち」は以下のサブスク動画配信サイトのお試し期間の利用で無料で視聴可能です。

30日以内に解約すればお金は一切かかりません。