【ネタバレ】映画「AI崩壊」のあらすじやラスト結末は?感想やレビュー(面白い or つまらない)や登場人物も紹介!

【ネタバレ】映画「AI崩壊」のあらすじやラスト結末は?感想やレビュー(面白い or つまらない)や登場人物も紹介!感想・評判
スポンサーリンク
スポンサーリンク

映画『AI崩壊』は2020年に製作された大沢たかお主演の近未来を舞台にしたパニック映画です。医療でAIが活躍する時代に暴走が起きたことで多くの者が命の危機に瀕するという緊迫したストーリーは目が離せません。プログラムを治すために奔走し、悪用する犯人を捜す展開を経て驚きの結末へ…そんな『AI崩壊』のあらすじとラスト結末に感想やレビューを交えてご紹介しましょう。

「AI崩壊」のラストの結末やネタバレあらすじ

「AI崩壊」のラストの結末やネタバレあらすじ

医療AI「のぞみ」始まり

2023年、桐生は妻・望(のぞみ)を治すためガン細胞を治すためのAIのプログラムを作る。しかし、認可が下りなかったため使用できず、のぞみは死亡。彼女の弟・西村は桐生の研究を受け継ぎ、桐生は娘の心(こころ)と共に海外に移り住む。

「AI崩壊」のラストの結末やネタバレあらすじ

数年かけて西村はHOPE社を設立、学習する医療ソフトAI「のぞみ」を開発して多くの人々の健康管理を担った。腕時計代わりに付けて個々の状態を確認しながらがん予防にも役立ち、病院でも使用される。

2030年になり、研究のため千葉の新しいセンターのオープニングセレモニーが開催されるため、第一人者の桐生が呼ばれて彼は心と共にセンターのサーバールームを案内された。

追われる桐生

セレモニーはAIに仕事が奪われた者や侵略されると恐れた者たちが乱入してきて中断し、桐生は警視庁の桜庭や記者の富永と挨拶を交わして車へ。心は母親との家族写真を落としたことに気付いてセンターを探しに行き、桐生は先に次の場所へ向かうことになる。

「AI崩壊」のラストの結末やネタバレあらすじ

その途中で「のぞみ」の暴走が起き、交通機関など通信を行う機器が停止、医療機関もパニックを起こす。「のぞみ」が暴走した理由を捜索していた桜庭はプログラムを書き換えている発信源を逆探知で照会。発信源は桐生の車であると突き止めて警察が桐生を捕えようとするが、彼は何者かの罠だと気付いて逃走。

「のぞみ」を止められるのは自分だけだと思って西村に事情を話し、螺旋の階段と呼ばれる場所で合流することになる。桜庭は未公表の捜査AI「百目」を起動し、国内のカメラ全ての映像を解析させて桐生を追う。桐生はそのことに気付いてカメラを避けながら仙台行きの船に乗り、盗んだダブレットでプログラムを打つ。

「AI崩壊」のラストの結末やネタバレあらすじ

その電波を辿った桜庭は部下を向かわせて追い詰めるが、桐生は狙撃されたことで海へ飛び込むのだった。

犯人(ラスト結末)

漁船の網に拾われた桐生は生き延び、船員の車をもらって自身が働いていた大学院へ。螺旋の階段がこの場所を指すと分かっていた西村もパソコンを持って来てプログラム開発の手伝いをし、一方で誰が「のぞみ」を暴走させたのかを調査。

すると、西村が検査のために走らせたプログラムが原因だとわかって桐生は驚く。そこに警察がやって来て銃で脅されるが、西村は自身が無実だと言って桐生を庇って撃たれ、桐生は再びセンターを目指す。
「AI崩壊」のラストの結末やネタバレあらすじ
「のぞみ」は生きる価値のある人間を選別し始めており、殺戮が開始されるまで時間は無く、心はサーバールームに閉じ込められて衰弱していた。桐生は急ぐ中、桜庭たちに囲まれるが映像の証拠から桜庭が西村を利用して「のぞみ」を暴走させたことを暴く。

西村は捏造だと言いつつも、「百目」をより高性能にするために「のぞみ」を合理的に徴収しようとしたと語る。桐生はその様子を記者の富永に配信し、彼は世界へ映像を流していたことで西村は逮捕。

サーバールームへ急ぎ、「のぞみ」のカメラが修正プログラムを読み込むよう映写機を使用するがガラスドアから距離があって届かない…心は桐生の意図に気付いてプログラムを鏡で反射して「のぞみ」に読み込ませることに成功。

「のぞみ」は回復し、桜庭と組んでいた政府関係者も拘束された。桐生は心と共に過ごすのだった。

入江悠監督作品の無料視聴可能!!

入江悠監督作品の「AI崩壊」「SR サイタマノラッパー」「ビジランテ」は以下の動画配信サービスの無料体験期間の利用で視聴可能です。
※レンタルのみの場合でも無料体験期間での付与ポイントで視聴可能!
入江悠監督作品の無料視聴可能!!

31日以内に解約すればお金は一切かかりません。

30日以内に解約すればお金は一切かかりません。

「AI崩壊」の感想

「AI崩壊」の感想

緊迫するストーリーが凄い

心はサーバールームの中心にある「のぞみ」で写真を見つけたのですが、「のぞみ」が暴走した際に閉じ込められてしまい、0度近くまで下がった空間で凍死寸前に…一方で、「のぞみ」が人間を選別し始めて実行されれば急激にガン細胞を増やすなどして殺戮が始まるという死へのカウントダウンは緊迫感がかなりありました。娘はもちろん、妻の望が望んだプログラムである「のぞみ」に殺戮をさせたくないと思った桐生が必死になるのもわかります。だからこそ、最初に警察に捕まる際にも逃げ、極寒の海に飛び込むことも辞さない覚悟があったのでしょうね。
そして、桐生は桜庭の裏をかくことにも長けており、「百目」のプログラムを遠隔で書き換えて自身が見つからないようにしたり、桜庭を確実に追い詰めるために自白した様子を撮っていたりと抜かり無い姿が凄かったです。

犯人の野望とAIについて

西村が本当に犯人ではないかと思わされるストーリーは「まさか!」と引き込まれましたね。桜庭はカメラを避けながら西村にウィルススキャン用のプログラムを走らせたのですが、直接はカメラに映っていなくても反射したガラスに映っていたことで犯人だと分かったのです。桜庭と手を組んでいたのが副総理や他の官僚たち…「のぞみ」が暴走した際に現・総理大臣のペースメーカーを利用して殺すという非道な手段をとったと思うと酷いと思いました。暴走した「のぞみ」により、AIのプログラムで無事に生きていた者たちの命が危ぶまれた展開は、今後も発達するAIに対する認識を考えさせられることでしょう。
「AI崩壊」のラストで桐生が記者の富永のインタビューで人工知能は人を幸せにするかという問いに対し、「親は子供を幸せにできるか」と同義であると答えているのがAIに対するある意味の答えでしょう。何を教えるのか、どのように育てるのかAIを作る者はもちろん、悪用する者がいるかどうかで大きく変わると考えられます。人の良きる価値を選別する機能を持たされたら恐ろしいと思いつつ見てて思いました。

「AI崩壊」のみんなのレビュー(面白い?つまらない?)

「AI崩壊」のみんなのレビュー(面白い?つまらない?)

面白いというレビュー


「AI崩壊」のみんなのレビュー(面白い?つまらない?)


「AI崩壊」のみんなのレビュー(面白い?つまらない?)


「AI崩壊」のみんなのレビュー(面白い?つまらない?)

つまらないというレビュー


「AI崩壊」のみんなのレビュー(面白い?つまらない?)

「AI崩壊」の登場人物(俳優名)

「AI崩壊」の登場人物(俳優名)

桐生浩介(大沢たかお)

妻の望、娘の心と暮らし、大学院で医療AIについて研究している。
「AI崩壊」の登場人物(俳優名):桐生浩介(大沢たかお)

桐生望(松嶋菜々子)

ガンにより亡くなった洋介の妻。
「AI崩壊」の登場人物(俳優名):桐生望(松嶋菜々子)

桐生心(田牧そら)

幼くして母を亡くして傷心し、家族の写真を大切にしている。
「AI崩壊」の登場人物(俳優名):桐生心(田牧そら)

西村悟(賀来賢人)

望の弟であり、桐生を研究者としても慕っている。
「AI崩壊」の登場人物(俳優名):西村悟(賀来賢人)

桜庭誠(岩田剛典)

若くして警察庁で全体を指揮する。
「AI崩壊」の登場人物(俳優名):桜庭誠(岩田剛典)

奥瀬久未(広瀬アリス)

警視庁捜査一課の新人。合田とバディを組む。
「AI崩壊」の登場人物(俳優名):奥瀬久未(広瀬アリス)

合田京一(三浦友和)

定年間近の老練の刑事。奥瀬とバディを組むが、桜庭とは意見が対立する。
「AI崩壊」の登場人物(俳優名):合田京一(三浦友和)

富永英人(毎熊克哉)

デイリーポストの記者であり、ぶしつけな態度も辞さない。

飯田眞子(玉城ティナ)

HOPEの社員で広報を担当する。
「AI崩壊」の登場人物(俳優名):飯田眞子(玉城ティナ)

「AI崩壊」の登場人物(俳優名):富永英人(毎熊克哉)

入江悠監督作品の無料視聴可能!!

入江悠監督作品の「AI崩壊」「SR サイタマノラッパー」「ビジランテ」は以下の動画配信サービスの無料体験期間の利用で視聴可能です。
※レンタルのみの場合でも無料体験期間での付与ポイントで視聴可能!
入江悠監督作品の無料視聴可能!!

31日以内に解約すればお金は一切かかりません。

30日以内に解約すればお金は一切かかりません。