北野武監督映画「龍三と七人の子分たち」が無料視聴できる動画配信サービスとキャストやあらすじと感想

北野武監督映画「龍三と七人の子分たち」が無料視聴できる動画配信サービスとキャストやあらすじと感想 洋画
スポンサーリンク
スポンサーリンク

北野武監督映画「龍三と七人の子分たち」が無料視聴できる動画配信サービスとキャストやあらすじと感想

北野武監督映画「龍三と七人の子分たち(Ryuzo 7)」の無料視聴できる動画配信サービス(見放題)の比較や作品情報(キャスト・あらすじ)や感想のまとめです。

龍三と七人の子分たちを無料視聴できる見放題の動画配信サービス

動画配信(見放題:VOD)サービス 配信(字幕・吹替)有無
U-NEXT (ユーネクスト)【31日間無料】 配信なし
Hulu (フールー)【14日間無料】 配信なし
dTV (dビデオ)【31日間無料】 配信なし
TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS【30日間無料】 配信なし
DVDレンタル有り
FOD(フジテレビオンデマンド)【1ヶ月無料】 配信なし
ビデオパス【30日間無料】 配信なし
Amazonプライムビデオ (アマゾンプライムビデオ)【30日間無料】 配信なし
Netflix (ネットフリックス)【31日間無料】 配信なし

無料で見る方法

TSUTAYA TV/DISCAS

TSUTAYATV/DISCASロゴ
料金体系 月額料金:2417円(税抜) 無料期間中でも新作を見れる動画ポイント1080円分付与。準新作や旧作のレンタルも可能
無料期間 初回30日間の無料お試し期間あり
本作は定額見放題サービスでは現時点では見れませんが、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASに登録すれば無料で見ることが可能です。というのもTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASは定額見放題とDVDをレンタルできる複合的なサービスであり、無料期間の間は、定額見放題と月8本までDVDをレンタル(準新作・旧作)できるプランが適用されるので、これを利用して無料期間中(30日間)にDVDレンタルで視聴してその後解約すれば事実上「無料」で視聴できることになります。さらに、無料期間中でも、新作や話題作を視聴できる動画ポイントが1080円分(1本540円)付与されるので、定額見放題+DVDレンタル+動画ポイント3度お得なサービスとなっています。

30日以内に解約すればお金は一切かかりません。

【注意事項】本作品の配信情報は2019年6月7日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については各公式サイト(Hulu、FODプレミアム、auビデオパス、TSUTAYA TV、dTV、U-NEXT等)のホームページもしくはアプリをご確認ください。

龍三と七人の子分たちの監督・キャスト・シーズン・あらすじ・主題歌

龍三と七人の子分たちの監督・製作

北野武(ビートたけし)

龍三と七人の子分たちのキャスト

藤竜也近藤正臣中尾彬品川徹樋浦勉伊藤幸純吉澤健小野寺昭安田顕小野寺昭安田顕矢島健一

龍三と七人の子分たちの公開年/製作国

2014年/日本

龍三と七人の子分たちのあらすじ

「アウトレイジ」「アウトレイジ ビヨンド」の北野武監督が、新興犯罪組織の横暴を阻止すべく立ち上がった元ヤクザの老人たちの活躍を描くドタバタ任侠コメディ。

出演は藤竜也、近藤正臣、中尾彬ほか。70歳になる高橋龍三は、かつては“鬼の龍三”と呼ばれて誰もが恐れた元ヤクザ。しかし引退した今は、息子家族のもとで肩身の狭い思いをしていた。

そんなある日、オレオレ詐欺に引っかかった龍三。元暴走族の西が若い連中を束ねて“京浜連合”を名乗り、詐欺や悪徳商法で荒稼ぎしていると知っては、もはや黙ってはいられない。そこで龍三は、それぞれにわびしい老後を送る昔の仲間7人を呼び集め、“一龍会”を結成して京浜連合成敗に立ち上がるのだったが…。

龍三と七人の子分たちの予告編動画

映画『龍三と七人の子分たち』予告編

龍三と七人の子分たちの感想・評価

評価:60/100
前に試写会当たったんだけど結局行けなかったやつ。武×ヤクザものだったら、アウトレイジ並みの期待をしました。
過去は大物ヤクザとして恐れられた高橋龍三は、もはや70代となり、息子夫婦と孫からは、大事にされずに孤独に過ごしていた。

ある時、オレオレ詐欺にあったが、兄弟分のマサが偶然通りかかり、一難を回避する。
マサとの邂逅を果たして、昔の仲間が懐かしくなり、皆を呼び出し、昔のシマだったエリアを歩き出す。
しかし、現在そのシマを仕切っているのは、京浜連合。彼らは半グレあがりでイケイケの暴力団となっていた。しかし、龍三親分も負けてはおらず、京浜連合に負けずに対抗していく。
アウトレイジの雰囲気とはうってかわり、ほのぼのと進行する話の中にも、北野武ぶしがみられて面白い作品になっています。

藤竜也はもともと任侠映画によく出ていた俳優であり、この俳優を使ったことにセンスがあるなと感じましたし、そんなコワモテの前線をはってきた俳優たちがコミカルな演技をするのはオールドファンにとってもたまらなかったと思われます。

高齢者が頑張る映画は他にもあると思いますが、ヤクザという視点はかなり斬新だと思いました。登場する高齢者もよくいる老害レベルな感じなんですが、そういったリアルな老人がリアルに描かれていたと感じました。
ヤクザってそもそも怖いんだけど、おじいちゃんなのであんまり怖くないところも、コメディを成り立たせているところではないでしょうか。

そんなおじいちゃんたちなので、すべての行動が笑いを引き起こすという意味では、例えば、指詰めをすぐしようとしたり、すぐ報復しようとしたり、といった感じでハチャメチャな行動をするおじいちゃんたち。老人になっても、こうやって集まってバカなことできるってある意味素敵ですよね。老人版スタンドバイミーといってもいいのではないでしょうか。

上映時間もそんなに長くないので、何も考えずにポカーンとみるのがいいかもしれません。あとは、それぞれの俳優の過去作とかもみてみるとよりこの作品が楽しめるのではないでしょうか。

下記のサービス加入で無料視聴できます。

★付与される1080ポイントで無料期間中も新作レンタルOK!

30日以内に解約すればお金は一切かかりません。

龍三と七人の子分たちのレンタルや購入はこちら

created by Rinker
ハピネット ピーエム
¥2,613 (2019/11/15 05:05:23時点 Amazon調べ-詳細)