森田剛主演映画「ヒメアノ~ル」が無料視聴できる動画配信サービスとキャストやあらすじと感想

映画「ヒメアノ~ル」が無料視聴できる動画配信サービスとキャストやあらすじと感想 邦画
スポンサーリンク
スポンサーリンク

映画「ヒメアノ~ル」が無料視聴できる動画配信サービスとキャストやあらすじと感想

映画「ヒメアノ~ル」の無料視聴できる動画配信サービス(見放題)の比較や作品情報(キャスト・あらすじ)や感想のまとめです。

ヒメアノ~ルを無料視聴できる見放題の動画配信サービス比較

動画配信(見放題:VOD)サービス 配信(字幕・吹替)有無
U-NEXT (ユーネクスト)【31日間無料】 配信なし
Hulu (フールー)【14日間無料】 配信なし
dTV (dビデオ)【31日間無料】 配信なし
TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS【30日間無料】 配信なし
※DVDレンタル有
FOD(フジテレビオンデマンド)【1ヶ月無料】 配信なし
ビデオパス【30日間無料】 配信なし
Amazonプライムビデオ (アマゾンプライムビデオ)【30日間無料】 配信なし
Netflix (ネットフリックス)【31日間無料】 配信なし

無料で見る方法

TSUTAYA TV/DISCAS

TSUTAYATV/DISCASロゴ
料金体系 月額料金:2417円(税抜) 無料期間中でも新作を見れる動画ポイント1080円分付与。準新作や旧作のレンタルも可能
無料期間 初回30日間の無料お試し期間あり ※無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
本作は定額見放題サービスでは現時点では見れませんが、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASに登録すれば視聴可能です。というのもTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASは定額見放題とDVDをレンタルできる複合的なサービスであり、無料期間の間は、定額見放題と月8本までDVDをレンタル(準新作・旧作)できるプランが適用されるので、これを利用して無料期間中(30日間)にDVDレンタルで視聴してその後解約すればお金は一切かからず視聴できることになります。さらに、無料期間中でも、新作や話題作を視聴できる動画ポイントが1080円分(1本540円)付与されるので、定額見放題+DVDレンタル+動画ポイント3度お得なサービスとなっています。

30日以内に解約すればお金は一切かかりません。

【注意事項】本作品の配信情報は2019年6月1日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については各公式サイト(Hulu、FODプレミアム、auビデオパス、TSUTAYA TV、dTV、U-NEXT等)のホームページもしくはアプリをご確認ください。

ヒメアノ~ルの監督・キャスト・シーズン・あらすじ・主題歌

ヒメアノ~ルの監督・製作

吉田恵輔

ヒメアノ~ルのキャスト

森田剛濱田岳佐津川愛美ムロツヨシ駒木根隆介山田真歩

ヒメアノ~ルの主題歌・テーマ曲

音楽: 野村卓史

ヒメアノ~ルの公開年/製作国

2016年/日本

ヒメアノ~ルのあらすじ

どこにでもいる平凡な男・岡田進(濱田岳)は清掃会社に勤めており、代わり映えしない繰り返しの毎日に不安と不満を感じていました。

そんな時彼は、冴えない会社の先輩・安藤勇次(ムロツヨシ)に、恋の橋渡し役をしてほしいと頼まれます。
相手はおしゃれなカフェで働く女性・阿部ユカ(佐津川愛美)です。
安藤は岡田を彼女が働くカフェに連れていきます。

するとそこには、岡田の高校の時の同級生でいじめられっ子だった森田正一(森田剛)がいました。森田は高校の頃とは雰囲気が大きく変わっていました。
安藤は、森田がユカに対してストーカー行為に及んでいると言います。最初は信じなかった岡田でしたが、張本人のユカもストーカー行為を訴えているのです。

安藤は岡田に、代わりにユカに想いを伝えてほしいと頼みますが、実はユカが好きなのは岡田でした。

ヒメアノ~ルの予告編動画

ヒメアノール予告

ヒメアノ~ルの感想・評価

評価:77/100
新旧・和洋問わずたくさんの映画を観てきて、映画ファン歴数十年ですが、ここまでリアリティを追及した作品に出会ったことはありませんでした。
リアリティの極みというべき作品です。

まるでドキュメンタリー映画を観ているかのように、殺人や犯罪が平凡な日常と同じ空間にあるのが伝わってきます。
むしろ自分がその場にいるかのような感覚で、ショックを受けました。
実際の殺人や犯罪現場というのは、本当にこんな感じなんだろうと思います。
痛いほど現実的でした。

出演している森田剛さんが「最後まで我慢して観てください」と言っていたので、本当にえげつない描写ばかりで心がくじけそうになりながらも、我慢して観ました。
すると森田さんの言っていたとおり、この作品のもっとも大切なメッセージがこめられたラストシーンで、脳天を撃たれたような気分になりました。
エンドロールの間は涙すら出てきました。

ハードボイルドで残虐性があるのに、”大人向けの教育映画”というか、良い意味でもはやエンターテインメントではないという印象を受けます。

下記のサービス加入で無料視聴できます。

★付与される1080ポイントで無料期間中も新作レンタルOK!

30日以内に解約すればお金は一切かかりません。

ヒメアノ~ルのレンタルや購入はこちら

created by Rinker
¥4,333 (2019/12/06 21:05:30時点 Amazon調べ-詳細)