映画「わが母の記」がフルで無料視聴できる動画配信サービス。HuluやNetflixで観れる?

映画「わが母の記」がフルで無料視聴できる動画配信サービス。HuluやNetflixで観れる?邦画
スポンサーリンク
スポンサーリンク

映画「わが母の記」がフルで無料視聴できる動画配信サービスとキャストやあらすじと感想

映画「わが母の記」がフルで無料視聴できる動画配信サービスの比較や作品情報(キャスト・あらすじ)や感想のまとめです。

わが母の記を無料視聴できる動画配信サービス比較

動画配信(見放題:VOD)サービス配信(字幕・吹替)有無
U-NEXT (ユーネクスト)【31日間無料】配信なし
Hulu (フールー)【14日間無料】配信なし
dTV (dビデオ)【31日間無料】配信なし
TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS【30日間無料】配信なし
※DVDレンタル有
FOD(フジテレビオンデマンド)【2週間無料】配信なし
Paravi【2週間無料】配信なし
Amazonプライムビデオ (アマゾンプライムビデオ)【30日間無料】配信なし
※レンタルのみ
Netflix (ネットフリックス)【31日間無料】配信なし

無料で見る方法

TSUTAYA TV/DISCAS

TSUTAYATV/DISCASロゴ
料金体系月額料金:2417円(税抜) 無料期間中でも新作を見れる動画ポイント1080円分付与。準新作や旧作のレンタルも可能
無料期間初回30日間の無料お試し期間あり ※登録日から30日間利用可能※無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
本作は定額見放題サービスでは現時点では見れませんが、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASに登録すれば視聴可能です。というのもTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASは定額見放題とDVDをレンタルできる複合的なサービスであり、無料期間の間は、定額見放題と月8本までDVDをレンタル(準新作・旧作)できるプランが適用されるので、これを利用して無料期間中(30日間)にDVDレンタルで視聴してその後解約すればお金は一切かからず視聴できることになります。さらに、無料期間中でも、新作や話題作を視聴できる動画ポイントが1080円分(1本540円)付与されるので、定額見放題+DVDレンタル+動画ポイント3度お得なサービスとなっています。

30日以内に解約すればお金は一切かかりません。

【注意事項】本作品の配信情報は2019年6月1日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については各公式サイト(Hulu、FODプレミアム、Paravi、TSUTAYA TV、dTV、U-NEXT等)のホームページもしくはアプリをご確認ください。 

登録なしの無料サイトでフル動画を見る方法

YouTube(ユーチューブ)で見る方法

現時点で、フルで無料視聴できる動画はありませんでした。

ニコニコ動画で見る方法

現時点で、フルで無料視聴できる動画はありませんでした。

AbemaTV(アベマTV)で見る方法

現時点で、フルで無料視聴できる動画はありませんでした。

GYAOで見る方法

現時点で、フルで無料視聴できる動画はありませんでした。

違法動画サイトで見る方法はあるか?

よくドラマや映画やアニメが違法アップロードされている動画サイトとしては、下記が挙げられます。
・Dailymotion(デイリーモーション)
・pandora(パンドラ)
・kissanime(キスアニメ)
・veoh(ヴィオ)
・アニポ
・Anituite(アニチューブ)

しかし以下のデメリットから違法動画サイトの利用はあまりお勧めできません。

違法動画サイト利用のデメリット

違法動画サイトでの無料視聴のデメリットとしては下記があります。
・パソコン・スマホにウイルスが侵入するリスク
・クレジットカードの番号が不正に盗まれるリスク
・「違法にアップロードされたコンテンツを、それと知りながらダウンロードすること」も違法
・見たい作品がなかなか見つからない
・見たい作品があったとしても複数ファイルに分割されていて見るのが面倒
・画質が悪い

上記のようなデメリットがあるので、あえて違法動画サイトで観るメリットはあまりないと思われます。
ですので、以下の動画配信サイトでお試し期間などを使って視聴するのが一番賢い選択だと思われます。

わが母の記の監督・キャスト・シーズン・あらすじ・主題歌

わが母の記の監督・製作

原田眞人

わが母の記のキャスト

役所広司樹木希林宮崎あおい南果歩ミムラ赤間麻里子

わが母の記の主題歌・テーマ曲

富貴 晴美(ふうきはるみ)「わが母の記メインテーマ」

「わが母の記」Chronicle of My Mother 沼津フルートアンサンブル
イメージソング

松田聖子「涙のしずく」

松田聖子 – 涙のしずく (Short ver.)

わが母の記の公開年/製作国

2012年/日本

わが母の記のあらすじ

作家の井上洪作は父の具合が悪くなったので実家へ帰省します。洪作の手を父は握ったが突き放されます。その行動を洪作は不思議に思いましたが、具合がよくなったので家に帰ることにしました。そこを母の八重が呼び止め、解せない言葉を口にしました。それも不思議に思いながら、家に帰りました。家に帰ると、自分の作った作品の出版をする作業を家族全員でしていました。でも三女は手伝わなかったので洪作は三女に怒りました。そこに具合がよくなった父親が亡くなったという知らせが来ます。

わが母の記の予告編動画

『わが母の記』予告編

わが母の記の感想・評価

評価:76/100
親子と言うのはこうあるべきであるんだろうなと考えさせられる映画でした。時間の流れなんかも直接提示するのではなく自然を使い風景を見て時間の流れ感じさせる感じが好きでした。この映画はいろいろな人に見てほしいです。とてもお勧めできる映画です。

家族というのはいろんな感情がぶつかり合い時間がたてばいろんなを忘れていってしまうけれど、息子娘を思う気持ちはずっと忘れていないというところが分かりました。最初はそんなに見るつもり見たい作品とは思わなかったけれど、ちょっと見ただけでこれがすごくいい作品だとわかるくらいすごい作品です。確かにこの作品は万人受けするものではないんだろうけど見て損は無い映画。

映像はきれいだし、セット、最高の役者、最高の脚本これだけそろってしまえば最高の作品を作れるよね。期待して観たけどその期待を超えてくるような最高の作品でした。

下記の動画配信サービス加入で無料視聴できます。

★付与される1080ポイントで無料期間中も新作レンタルOK!

30日以内に解約すればお金は一切かかりません。

わが母の記のレンタルや購入はこちら

created by Rinker
¥300(2020/10/31 01:58:13時点 Amazon調べ-詳細)