映画「耳をすませば」がフルで無料視聴できる動画配信サービス。HuluやNetflixで観れる?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

映画「耳をすませば」がフルで無料視聴できる動画配信サービスとキャストやあらすじと感想

映画「耳をすませば(英題:Whisper of the Heart)」がフルで無料視聴できる動画配信サービスの比較や作品情報(キャスト・あらすじ)や感想のまとめです。

耳をすませばを無料で見れるサブスク動画配信サイト。huluやNetflixやAmazonプライムビデオでは視聴できる?

 

動画配信(見放題:VOD)サービス配信(字幕・吹替)有無
U-NEXT (ユーネクスト)【31日間無料】配信なし
Hulu (フールー)【14日間無料】配信なし
dTV 【初回無料おためし】配信なし
TSUTAYA DISCAS【30日間無料】配信なし
※DVDレンタル有り
FOD(フジテレビオンデマンド)【2週間無料】配信なし
Paravi【2週間無料】配信なし
Amazonプライムビデオ (アマゾンプライムビデオ)【30日間無料】配信なし
Netflix (ネットフリックス)【31日間無料】配信なし

無料で見る方法

TSUTAYA TV/DISCAS

TSUTAYATV/DISCASロゴ
料金体系月額料金:2,052円(税込) 定額で新作含む月8本をレンタルできるサービス(※無料期間中は新作はレンタル不可)なので、新作以外であればお試し期間中でも視聴可能。
無料期間初回30日間の無料お試し期間あり ※登録日から30日間利用可能※無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
本作は、TSUTAYA DISCASに登録すれば見ることが可能です。登録後も無料期間中(30日間)に解約すればお金は一切かからず視聴できます。無料期間中は月8本までDVDやブルーレイをレンタルできるプランが適用されるので、それによって準新作と旧作のレンタルが可能です。なお、8本レンタル完了後は旧作借り放題になるので2度お得なサービス[/ani]となっています。

30日以内に解約すればお金は一切かかりません。

【注意事項】本作品の配信情報は2019年8月14日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については各公式サイト(Hulu、FODプレミアム、Paravi、TSUTAYA TV、dTV、U-NEXT等)のホームページもしくはアプリをご確認ください。

「耳をすませば」を登録なしの無料サイトで見る方法

「耳をすませば」を登録なしのYouTube(ユーチューブ)で見る方法

現時点で、フルで無料視聴できる動画はありませんでした。

「耳をすませば」を登録なしのニコニコ動画で見る方法

現時点で、フルで無料視聴できる動画はありませんでした。

「耳をすませば」を登録なしのAbemaTV(アベマTV)で見る方法

現時点で、フルで無料視聴できる動画はありませんでした。

「耳をすませば」を登録なしのGYAOで見る方法

現時点で、フルで無料視聴できる動画はありませんでした。

「耳をすませば」を違法動画サイトで見る方法はあるか?

よくドラマや映画やアニメが違法アップロードされている動画サイトとしては、下記が挙げられます。
・Dailymotion(デイリーモーション)
・pandora(パンドラ)
・kissanime(キスアニメ)
・veoh(ヴィオ)
・アニポ
・Anituite(アニチューブ)

しかし以下のデメリットから違法動画サイトの利用はあまりお勧めできません。

違法動画サイト利用のデメリット

違法動画サイトでの無料視聴のデメリットとしては下記があります。
・パソコン・スマホにウイルスが侵入するリスク
・クレジットカードの番号が不正に盗まれるリスク
・「違法にアップロードされたコンテンツを、それと知りながらダウンロードすること」も違法
・見たい作品がなかなか見つからない
・見たい作品があったとしても複数ファイルに分割されていて見るのが面倒
・画質が悪い

上記のようなデメリットがあるので、あえて違法動画サイトで観るメリットはあまりないと思われます。
ですので、以下の動画配信サイトでお試し期間などを使って視聴するのが一番賢い選択だと思われます。

★旧作(DVD/ブルーレイ/CD)は借り放題!

30日以内に解約すればお金は一切かかりません。

耳をすませばの監督・キャスト・主題歌・予告編動画

耳をすませばの監督・製作

近藤喜文

耳をすませばのキャスト

近藤喜文高橋一生小林桂樹露口茂立花隆

耳をすませばの主題歌・テーマ曲

オープニングテーマ(主題歌)

オリビア・ニュートン=ジョン「Take Me Home, Country Roads」
作詞・作曲:ジョン・デンバー、ビル・ダノフ、タフィー・ナイバート
※原曲の歌手はジョン・デンバー自身

H264_ カントリーロード TAKE ME HOME, COUNTRY ROADS /  Olivia Newton-John
エンディングテーマ(主題歌)

本名陽子「カントリー・ロード」
日本語訳詞:鈴木麻実子 補作詞:宮崎駿 編曲:野見祐二

カントリーロード feat_本名陽子_耳をすませば

耳をすませばの公開年/製作国

1995年/日本

耳をすませばのあらすじ

中学三年生の月島雫は読書が大好きな女の子。
ある日雫は自分が借りる全ての図書の貸し出しカードに”天沢聖司”という名前が載っていることに気づく。
自分の気になる本を先に借りている人がどんな人なのか気になっていく雫。

ある日の帰り道、学校の図書館で借りた本を忘れていたことに気づき急いで戻ると見知らぬ少年がベンチで雫の本を読んでいた。
雫は少年から本を返してもらうのだが、雫が考えた「カントリー・ロード」の訳詞を見た少年は「お前さあ、コンクリート・ロードはやめた方がいいと思うよ」と嫌味を言って去っていってしまう。
それに対して雫は「嫌なやつ!」と憤慨するしかないのであった。

耳をすませばの予告編動画

Whisper of the Heart Japanese Trailer 耳をすませば

耳をすませばの感想・評価

評価:84/100
中学生の少年少女の恋愛模様を描いた作品ですが、この作品を本当に楽しめるのはその時代を懐かしく感じられる年頃の大人たちであるように思います。
今時の中学生というよりは、懐かしさやどこかファンタジーのような感じ方さえさせる純粋すぎるキャラクターだからです。

恋愛模様だけではなく、それぞれ本気で向き合いたいと思える夢に向かって奮闘する姿も胸を打ちます。
少し不器用な雫も、恋愛や家族や友人との衝突を通じて一つ大人になっていきます。その様子も微笑ましく感じられます。
自分の望みを叶えるためには、自分が自立した人間にならなければならないと気づいた雫が頑張る姿は、元気をもらえます。

初めはその純粋さに気恥ずかしさも感じるのですが、見終わる頃には自分も何かもっと頑張りたいという気持ちにさせられることでしょう。
青春を謳歌した頃の当事者意識が薄れて、その時のちょっとした苦さなんかが微笑ましく感じられるような、少し大人な感性を持っている人たちにオススメしたい映画です。

下記の動画配信サービス加入で無料視聴できます。

★旧作(DVD/ブルーレイ/CD)は借り放題!

30日以内に解約すればお金は一切かかりません。

耳をすませばのレンタルや購入はこちら

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥5,751(2022/05/28 23:39:32時点 Amazon調べ-詳細)