映画「パシフィック・リム(字幕・吹き替え)」が無料視聴できる動画配信サービスとキャストやあらすじと感想

映画「パシフィック・リム」が無料視聴できる動画配信サービスとキャストやあらすじと感想 洋画
スポンサーリンク
スポンサーリンク

映画「パシフィック・リム(字幕・吹き替え)」が無料視聴できる動画配信サービスとキャストやあらすじと感想

映画「パシフィック・リム(Pacific Rim)」の無料視聴できる動画配信サービス(見放題)の比較や作品情報(キャスト・あらすじ)や感想のまとめです。

パシフィック・リムを無料視聴できる見放題の動画配信サービス比較

動画配信(見放題:VOD)サービス 配信(字幕・吹替)有無
U-NEXT (ユーネクスト)【31日間無料】 配信なし
Hulu (フールー)【14日間無料】 配信なし
dTV (dビデオ)【31日間無料】 配信なし
TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS【30日間無料】 配信なし
※DVDレンタル有(字・吹)
FOD(フジテレビオンデマンド)【1ヶ月無料】 配信なし
ビデオパス【30日間無料】 配信なし
Amazonプライムビデオ (アマゾンプライムビデオ)【30日間無料】 配信なし
Netflix (ネットフリックス)【31日間無料】 配信なし

無料で見る方法

TSUTAYA TV/DISCAS

TSUTAYATV/DISCASロゴ
料金体系 月額料金:2417円(税抜) 無料期間中でも新作を見れる動画ポイント1080円分付与。準新作や旧作のレンタルも可能
無料期間 初回30日間の無料お試し期間あり ※無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
本作は定額見放題サービスでは現時点では見れませんが、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASに登録すれば視聴可能です。というのもTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASは定額見放題とDVDをレンタルできる複合的なサービスであり、無料期間の間は、定額見放題と月8本までDVDをレンタル(準新作・旧作)できるプランが適用されるので、これを利用して無料期間中(30日間)にDVDレンタルで視聴してその後解約すればお金は一切かからず視聴できることになります。さらに、無料期間中でも、新作や話題作を視聴できる動画ポイントが1080円分(1本540円)付与されるので、定額見放題+DVDレンタル+動画ポイント3度お得なサービスとなっています。

30日以内に解約すればお金は一切かかりません。

【注意事項】本作品の配信情報は2019年6月1日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については各公式サイト(Hulu、FODプレミアム、auビデオパス、TSUTAYA TV、dTV、U-NEXT等)のホームページもしくはアプリをご確認ください。

パシフィック・リムの監督・キャスト・シーズン・あらすじ・主題歌

パシフィック・リムの監督・製作

ギレルモ・デル・トロ

パシフィック・リムのキャスト

チャーリー・ハナムイドリス・エルバ菊地凛子チャーリー・デイロブ・カジンスキーマックス・マーティーニ

パシフィック・リムの主題歌・テーマ曲

Ramin Djawadi(ラミン・ジャバディ) feat. Tom Morello(トム・モレロ)「Pacific Rim(パシフィック・リム)」

Ramin Djawadi feat. Tom Morello – Pacific Rim

パシフィック・リムの公開年/製作国

2013年/アメリカ

パシフィック・リムのあらすじ

ギレルモ・デル・トロ監督が、巨大な怪物と巨大なロボットとのバトルを大スケールで描いたSFアクション映画。
主演はチャーリー・ハナム、共演に日本を代表する女優、菊地凛子。

ある日、宇宙からではなく太平洋の深海からいきなり超巨大な“KAIJU”が出現し、次々と都市を襲い、人類は滅亡の窮地に立たされていた。
そこで人間たちは世界中の優れている者を集結させ、2人のパイロットがシンクロすることで操縦する人型巨大兵器“イェーガー”を開発し、KAIJUと戦うことにした。

しかし、戦いは長期戦になりイェーガーの苦戦が続いていた。その頃、かつてKAIJUとの戦いで兄を亡くし、気力を失って戦線から離れていた名パイロット、ローリーが復帰を決めた。
そしてその相棒として、実戦未経験の日本人研究者、森マコが選出されるのだったが…。

パシフィック・リムの予告編動画

映画『パシフィック・リム』予告編
日本語吹き替え版予告編
映画『パシフィック・リム』本予告 杉田智和吹替え版

パシフィック・リムの感想・評価

評価:66/100
この監督は日本のアニメや特撮に赴きを感じてくれているということを前段階で聞いていましたが、本当にオタクなんだと思うほど、日本人の夢である巨大ロボットをしっかり描き出してくれていて、ロボット好きにはたまらない映画になっています。
その細部にまで、ロボットの魅力がちりばめられているのでぜひ、そこにも注目して観ることをおすすめしたいです。

武器などを使うのではなく、怪獣とロボットがポカポカ殴り合うところが思わずかわいいとさえ思ってしまいます。
このあたりはウルトラマンを彷彿とさせるシーンですね。

そして素敵なところは、世界各国の先鋭たちが怪獣を倒すために集まるので、いろんな国の登場人物がいてアメリカだけが目立つ作りになっていないところに好感が持てました。

建物や街が気持ちいいほど派手に破壊されてしまうのですが、迫力もありとても見応え充分な作品でした。
また続編を思わせないような、この映画だけでしっかり、むしろ濃密すぎるほどに完結してあり、そこもこの映画の魅力だと思いました。

下記のサービス加入で無料視聴できます。

★付与される1080ポイントで無料期間中も新作レンタルOK!

30日以内に解約すればお金は一切かかりません。

パシフィック・リムのレンタルや購入はこちら

created by Rinker
¥199 (2019/12/07 13:50:25時点 Amazon調べ-詳細)