映画「僕と妻の1778の物語」がフルで無料視聴できる動画配信サービス。HuluやNetflixで観れる?

映画「僕と妻の1778の物語」がフルで無料視聴できる動画配信サービス。HuluやNetflixで観れる? 邦画
スポンサーリンク
スポンサーリンク

映画「僕と妻の1778の物語」がフルで無料視聴できる動画配信サービスとキャストやあらすじと感想

映画「僕と妻の1778の物語」がフルで無料視聴できる動画配信サービスの比較や作品情報(キャスト・あらすじ)や感想のまとめです。

僕と妻の1778の物語を無料視聴できる動画配信サービス比較

動画配信(見放題:VOD)サービス 配信(字幕・吹替)有無
U-NEXT (ユーネクスト)【31日間無料】 配信なし
Hulu (フールー)【14日間無料】 配信なし
dTV (dビデオ)【31日間無料】 配信なし
TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS【30日間無料】 配信なし
※DVDレンタル有
FOD(フジテレビオンデマンド)【1ヶ月無料】 配信なし
ビデオパス【30日間無料】 配信なし
Amazonプライムビデオ (アマゾンプライムビデオ)【30日間無料】 配信なし
Netflix (ネットフリックス)【31日間無料】 配信なし

無料で見る方法

TSUTAYA TV/DISCAS

TSUTAYATV/DISCASロゴ
料金体系 月額料金:2417円(税抜) 無料期間中でも新作を見れる動画ポイント1080円分付与。準新作や旧作のレンタルも可能
無料期間 初回30日間の無料お試し期間あり ※無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
本作は定額見放題サービスでは現時点では見れませんが、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASに登録すれば視聴可能です。というのもTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASは定額見放題とDVDをレンタルできる複合的なサービスであり、無料期間の間は、定額見放題と月8本までDVDをレンタル(準新作・旧作)できるプランが適用されるので、これを利用して無料期間中(30日間)にDVDレンタルで視聴してその後解約すればお金は一切かからず視聴できることになります。さらに、無料期間中でも、新作や話題作を視聴できる動画ポイントが1080円分(1本540円)付与されるので、定額見放題+DVDレンタル+動画ポイント3度お得なサービスとなっています。

30日以内に解約すればお金は一切かかりません。

【注意事項】本作品の配信情報は2019年6月1日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については各公式サイト(Hulu、FODプレミアム、auビデオパス、TSUTAYA TV、dTV、U-NEXT等)のホームページもしくはアプリをご確認ください。 

登録なしの無料サイトでフル動画を見る方法

YouTube(ユーチューブ)で見る方法

現時点で、フルで無料視聴できる動画はありませんでした。

ニコニコ動画で見る方法

現時点で、フルで無料視聴できる動画はありませんでした。

AbemaTV(アベマTV)で見る方法

現時点で、フルで無料視聴できる動画はありませんでした。

GYAOで見る方法

現時点で、フルで無料視聴できる動画はありませんでした。

違法動画サイトで見る方法はあるか?

よくドラマや映画やアニメが違法アップロードされている動画サイトとしては、下記が挙げられます。
・Dailymotion(デイリーモーション)
・pandora(パンドラ)
・kissanime(キスアニメ)
・veoh(ヴィオ)
・アニポ
・Anituite(アニチューブ)

しかし以下のデメリットから違法動画サイトの利用はあまりお勧めできません。

違法動画サイト利用のデメリット

違法動画サイトでの無料視聴のデメリットとしては下記があります。
・パソコン・スマホにウイルスが侵入するリスク
・クレジットカードの番号が不正に盗まれるリスク
・「違法にアップロードされたコンテンツを、それと知りながらダウンロードすること」も違法
・見たい作品がなかなか見つからない
・見たい作品があったとしても複数ファイルに分割されていて見るのが面倒
・画質が悪い

上記のようなデメリットがあるので、あえて違法動画サイトで観るメリットはあまりないと思われます。
ですので、以下の動画配信サイトでお試し期間などを使って視聴するのが一番賢い選択だと思われます。

僕と妻の1778の物語の監督・キャスト・シーズン・あらすじ・主題歌

僕と妻の1778の物語の監督・製作

星護

僕と妻の1778の物語のキャスト

草なぎ剛竹内結子谷原章介 吉瀬美智子高橋昌也ヨシダ朝

僕と妻の1778の物語の主題歌・テーマ曲

本間勇輔「1778Waltz」

僕と妻の1778の物語の公開年/製作国

2011年/日本

僕と妻の1778の物語のあらすじ

SF作家・牧村朔太郎(サク)と銀行員の妻・節子は、初デートから16年経った今でも仲睦まじく暮らしていた。サクは宇宙船の模型などを飾った書斎で、大好きなSF世界に浸りながら執筆し、節子はそんな彼を誇りに思っている。

ある日、節子は腹痛をおぼえ病院に向かうとすぐ手術を受けることに。サクが駆けつけたころには手術は終わり、節子はたくさんの管につながれて眠っていた。
外科医の松下照夫から聞かされたのは、節子が大腸ガンで余命は1年ということ…。

その事実はサクの胸の中にしまう。抗がん剤治療を始める節子には「必ず治る」と励ますのだった。松下の言葉「笑うことで免疫力が上がることがある」を思い出し、サクは笑える小説を書くと決め、節子を笑顔にするために毎日1編を書き上げた。

物語が1778話まできたとき、そこらへんの恋愛小説ではかなわない愛の言葉が綴られる…。

僕と妻の1778の物語の予告編動画

僕と妻の1778の物語 予告

僕と妻の1778の物語の感想・評価

評価:76/100
SF作家の眉村卓と妻の悦子の夫婦愛を元にした作品。奥さんは2002年に大腸ガンで亡くなっています。草彅剛と竹内結子は「黄泉がえり」から8年ぶりの共演でした。

ほのぼのした生活から妻の余命宣告で一変する生活。深刻な展開になりすぎずに描かれていたので、暗い映画ではありません。限られた時間を、それぞれ自分にできることを相手にしてあげようとする姿に感動しました。奥さんの主人公を見る目。変わっている夫のひたむきな努力を温かく見守る目が本当に良かった。これが実話ではなく作り話だったらここまで泣けなかったでしょう。

一方で、その過程に半端な空想が入り込み、ストーリーに浸ることhs難しかった面もありました。
もはや草彅剛の棒読み演技にも慣れてきました。そんな演技があまり気にならなかったので、今回の役は合っていたのでは。竹内結子はさすがですね、病状の変化が見て分かる迫真の演技。

ガンの宣告を受けてからどう過ごすかを描いた作品は数多くあれど、本作はちょっと毛色が違いました。アイドル映画ではないですね。

闘病物の映画は今まで辛くなってしまうので苦手でしたが、こういう最後まで、一生懸命に夫婦で互いに支え合う作品であれば、また観てみたいです。

下記の動画配信サービス加入で無料視聴できます。

★付与される1080ポイントで無料期間中も新作レンタルOK!

30日以内に解約すればお金は一切かかりません。

僕と妻の1778の物語のレンタルや購入はこちら

created by Rinker
ポニーキャニオン
¥4,649 (2020/02/20 04:41:47時点 Amazon調べ-詳細)