映画「終戦のエンペラー」がフルで無料視聴できる動画配信サービス。HuluやNetflixで観れる?吹き替えはある?

映画「終戦のエンペラー」がフルで無料視聴できる動画配信サービス。HuluやNetflixで観れる?洋画
スポンサーリンク
スポンサーリンク

映画「終戦のエンペラー(字幕・吹き替え)」がフルで無料視聴できる動画配信サービスとキャストやあらすじと感想

映画「終戦のエンペラー(Emperor)」がフルで無料視聴できる動画配信サービスの比較や作品情報(キャスト・あらすじ)や感想のまとめです。

終戦のエンペラーを無料視聴できる動画配信サービス比較

動画配信(見放題:VOD)サービス配信(字幕・吹替)有無
U-NEXT (ユーネクスト)【31日間無料】配信中(字)
Hulu (フールー)【14日間無料】配信なし
dTV (dビデオ)【31日間無料】配信中(字)
TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS【30日間無料】配信中(字)
FOD(フジテレビオンデマンド)【2週間無料】配信なし
Paravi【2週間無料】配信なし
Amazonプライムビデオ (アマゾンプライムビデオ)【30日間無料】配信なし
※レンタルのみ(字)
Netflix (ネットフリックス)【31日間無料】配信なし

無料で見る方法

U-NEXT

U-NEXTロゴ
料金体系月額料金:1990円(税抜) ※無料期間中にも付与される600ポイントで新作レンタルも可能
無料期間初回31日間の無料お試し期間あり ※登録日から31日間利用可能
本作は、U-NEXTに登録すれば見ることが可能です。登録後も無料期間中(31日間)に解約すれば、事実上「無料」で視聴可能です。 さらに、無料お試し期間中に付与される600円分のポイントで、漫画(コミック)の最新刊を購入できたり、新作をレンタルできるのでダブルでお得です。 そのまま継続すると月額1,990円(税抜)と一見高く見えますが、映画レンタルや、電子書籍・漫画の購入などに使えるポイントが1200ポイント付与されるので、このポイントを使って新規加入時と同じように新作映画も見ることが可能です。

31日以内に解約すればお金は一切かかりません。

dTV

dtvロゴ
料金体系月額料金:500円(税抜) 最新作品はレンタル
無料期間初回31日間の無料お試し期間あり ※登録日から31日間利用可能
本作は、dTVに加入すれば見ることが可能です。登録して無料期間中(31日間)に解約すれば事実上「無料」で視聴可能ですし、他のサービスと比べても月額500円(税抜)と利用料も安く、かつ最多の作品数(12万作品以上)なのでそのまま継続もありかもしれません。

31日以内に解約すればお金は一切かかりません。

TSUTAYA TV/DISCAS

TSUTAYATV/DISCASロゴ
料金体系月額料金:2417円(税抜) 無料期間中でも新作を見れる動画ポイント1080円分付与。準新作や旧作のレンタルも可能
無料期間初回30日間の無料お試し期間あり ※登録日から30日間利用可能※無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
本作は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASに登録すれば見ることが可能です。登録後も無料期間中(30日間)に解約すればお金は一切かからず視聴できます。また無料期間中は定額見放題と月8本までDVDをレンタルできるプランが適用されるので、それによって準新作と旧作のレンタルも可能です。なお、8本レンタル完了後は旧作借り放題になります。さらに、無料期間中でも、新作や話題作を視聴できる動画ポイントが1080円分(1本540円)付与されるので、定額見放題+DVDレンタル+動画ポイント3度お得なサービスとなっています。

30日以内に解約すればお金は一切かかりません。

【注意事項】本作品の配信情報は2019年6月1日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については各公式サイト(Hulu、FODプレミアム、Paravi、TSUTAYA TV、dTV、U-NEXT等)のホームページもしくはアプリをご確認ください。 

登録なしの無料サイトでフル動画を見る方法

YouTube(ユーチューブ)で見る方法

現時点で、フルで無料視聴できる動画はありませんでした。

ニコニコ動画で見る方法

現時点で、フルで無料視聴できる動画はありませんでした。

AbemaTV(アベマTV)で見る方法

現時点で、フルで無料視聴できる動画はありませんでした。

GYAOで見る方法

現時点で、フルで無料視聴できる動画はありませんでした。

違法動画サイトで見る方法はあるか?

よくドラマや映画やアニメが違法アップロードされている動画サイトとしては、下記が挙げられます。
・Dailymotion(デイリーモーション)
・pandora(パンドラ)
・kissanime(キスアニメ)
・veoh(ヴィオ)
・アニポ
・Anituite(アニチューブ)

しかし以下のデメリットから違法動画サイトの利用はあまりお勧めできません。

違法動画サイト利用のデメリット

違法動画サイトでの無料視聴のデメリットとしては下記があります。
・パソコン・スマホにウイルスが侵入するリスク
・クレジットカードの番号が不正に盗まれるリスク
・「違法にアップロードされたコンテンツを、それと知りながらダウンロードすること」も違法
・見たい作品がなかなか見つからない
・見たい作品があったとしても複数ファイルに分割されていて見るのが面倒
・画質が悪い

上記のようなデメリットがあるので、あえて違法動画サイトで観るメリットはあまりないと思われます。
ですので、以下の動画配信サイトでお試し期間などを使って視聴するのが一番賢い選択だと思われます。

終戦のエンペラーの監督・キャスト・シーズン・あらすじ・主題歌

終戦のエンペラーの監督・製作

ピーター・ウェーバー

終戦のエンペラーのキャスト

マシュー・フォックストミー・リー・ジョーンズ初音映莉子西田敏行羽田昌義火野正平

終戦のエンペラーの主題歌・テーマ曲

アレックス・ヘッフェス「Opening Title」他

Emperor – Official Soundtrack Preview – Alex Heffes
日本版主題歌

米良美一「Can You Hear?」
作詞:奈良橋陽子 作曲:タケカワユキヒデ(ゴダイゴ) 編曲:ミッキー吉野

米良美一 / Can You Hear? (映画『終戦のエンペラー』日本版主題歌)

終戦のエンペラーの公開年/製作国

2013年/日本・アメリカ

終戦のエンペラーのあらすじ

原作は岡本嗣郎『陛下をお救いなさいまし 河井道とボナー・フェラーズ』。終戦直後の日本の運命を決める誰も知らない感動の物語を描く。

マッカーサー元帥の命令で天皇に戦争責任があるのか調査することになった親日派のフェラーズ准将の目線から綴られる日米共同の歴史ドラマ。
マシュー・フォックス、トミー・リー・ジョーンズ、初音映莉子、西田敏行など日米を代表するキャスト陣。「真珠の耳飾りの少女」の監督ピーター・ウェーバーがメガホンをとる。

1945年8月15日、日本側がポツダム宣言をのんだ事により、長きに渡った第二次世界大戦が終息した。その直後からマッカーサー率いるGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)が日本に来日、占領統治を始める。

さっそく戦犯を拘束することから手をつけたマッカーサーは、日本の文化をよく知るフェラーズ准将に、今回の戦争の責任は誰であったのかを特定することを任命したが…。

終戦のエンペラーの予告編動画

『終戦のエンペラー』予告編

終戦のエンペラーの感想・評価

評価:64/100
日米共同の映画という事でより戦争の歴史が浮き彫りになるような重く堅い作品だと思っていましたが、意外と途中で眠くなることもなく「映画」として楽しむ事が出来ました。

戦後の日本の様子をミステリー風に描かれています。天皇が戦争責任の有無を問われるのですが、その中で戦時中の天皇の姿、どのように尽力したのかなど、数々の謎を日本の文化をよく知る米兵が解き明かしていくという物語です。
日本にとって天皇とはヒトラーやスターリンといった独裁者ではありませんが、海外の人はよくわかっていない象徴という立場の天皇をリスペクトを忘れずに描かれていたことに好感がもてました。また日本人独自の価値観や伝統があるということを、日米合同のこの作品の中立さをもって多くの人に知ってもらえたらと思いました。

とはいっても史実に基づきながらもフィクションなので、この物語を純粋に楽しみ、歴史を詳しく知りたいというほんのきっかけになれば良いなと思います。
下記の動画配信サービス加入で無料視聴できます。

★付与される600ポイントで無料期間中も新作レンタルOK!

31日以内に解約すればお金は一切かかりません。

★12万作品が月額500円で見放題!

31日以内に解約すればお金は一切かかりません。

★付与される1080ポイントで無料期間中も新作レンタルOK!

30日以内に解約すればお金は一切かかりません。

終戦のエンペラーのレンタルや購入はこちら

created by Rinker
¥300(2020/09/28 19:27:38時点 Amazon調べ-詳細)

太平洋戦争での日本がテーマの映画まとめはこちら

太平洋戦争や第二次世界大戦時の日本がテーマのオススメ映画まとめ
太平洋戦争や第二次世界大戦の日本では、特攻隊や国家が戦争遂行を最優先の目標とする戦時体制など日本軍が主体の時代でした。偏ったように見える愛国心の中にも、家族を愛する心や普通の人間と変わらない心情が垣間見えます。今回はそんな時代の日本をテーマにした映画をまとめました。